ベッド&収納家具のブログ収納ベッドのタイプとは?選び方まで教えます!

収納ベッドのタイプとは?選び方まで教えます!

「寝室に物が多すぎて整理しないといけないけれど収納スペースがない…」こんなお悩みありませんか。
そんなときにお役立ちなのが収納ベッド。
収納ベッドとはその名の通り収納スペースがついたベッドのこと。寝室でいちばん存在感のあるベッドの専有スペースを有効活用できます。
しかし収納ベッドにもいろいろタイプがあり、またどういった点に注意すれば良い収納ベッドが購入できるかわからない…とお困りの方も多いはず。

そこで今回は、収納ベッドのタイプと選び方について主に解説します。
「自宅にぴったりな収納ベッドを迷わず選んで買いたい!」といった方におすすめの内容になっているのでぜひご覧ください。

収納ベッドのタイプは?

ハテナマークがいっぱいの画像

収納ベッドには、主に3つのタイプがあります。

  • 引出し付き収納ベッド
  • チェスト組み込みタイプの収納ベッド
  • マットレス跳ね上げ式収納ベッド

引出し付き収納ベッド

引き出し付ベッド

収納ベッドで最も多いタイプ。ベッド下部の右か左かいずれかが引き出しになっています。
3つのタイプの中では最も安い価格帯のものが多く、品ぞろえも豊富なのが大きなメリット。
逆に収納量は3つのタイプの中でいちばん少な目。
お手ごろな価格でデザイン性までこだわって収納ベッドを購入したいならばおすすめのベッドです。

チェスト組み込み収納ベッド

チェストベッド

引出し付き収納ベッドの上位クラスのような位置づけの収納ベッドです。
タンスとベッドが合体したようなボリューミーな見た目で、引き出し収納部分に密閉性があり、ほこりなどが入りにくいメリットがあります。
フレーム内をほぼ収納に活用でき、普段よく使う衣類やバッグは引き出しに、スーツケースやオフシーズンのアイテムは奥側のスペースにすっぽり。一人暮らしで収納が少な目なお部屋を借りている方も、収納スペース確保の心配がありません。

一方で、収納容量が大きい分、フレームサイズも大きめなので存在感があります。
フレームの下にしまったものを取り出す際は、マットレスをどかさなくてはなりません。
床からマットレスまで結構な高さになるので、チェスト収納つきのフレームを購入する際は、厚みの少ない・軽めのマットレスを選ぶなど、高さと重さを抑える工夫をしましょう。

マットレス跳ね上げ式収納ベッド

跳ね上げ式ベッド

マットレス跳ね上げ式収納ベッドは、フレームの内側をまるっと収納庫として使用できる大胆なタイプ。
今回紹介する3タイプの収納ベッドの中では最も容量が多いタイプです。
ガスの圧力を使ってマットレスをすいすい上げ下げでき、女性やお子さんでも簡単に扱えます。重たいマットレスを自力でどかす必要はありません。

ただし、引き出しや間仕切りがないので、日常的に出し入れするものをきれいに整頓して収納する用途には適していません。絨毯やゴルフバッグなど長さがあるもの、アウトドア用品やシーズン物のアパレルなど、出し入れの頻度が少ない大型の荷物の収納におすすめです。

収納ベッドを選ぶときのポイント

選択を迫る看板の画像

ここからは、収納ベッドを実際に選ぶときのポイントを紹介します。

  • 寝室環境に合ったベッドを選ぶ
  • マットレスの寝心地にも気を配る
  • ベッドフレームの組み立ては結構な重労働
  • マイナーな海外製ベッドには壊れやすいものも

寝室環境に合ったベッドを選ぶ

ベッドの上の枕

例えば単に「値段が安いから引出し付き収納ベッドにしよう」といった考え方だとベッド選びに失敗するリスクが高いです。

「衣類を収納する可能性が高いから、ほこりが入りにくいチェスト組み込み収納ベッドにしよう」、「ベッドの周囲に引き出しを出し入れするだけのスペースがないな…。じゃあマットレス跳ね上げ式収納ベッドにしよう」など、自宅の寝室環境に応じたベッドを選ぶようにすると確実です。

マットレスの寝心地にも気を配る

ベッドで眠る女性

収納ベッドを選ぶとき、ついつい収納面だけに意識が集中して購入を検討する方もいらっしゃいますが、睡眠中、体が直接触れるマットレスが自分に合っているかも大切なポイントです。マットレスの素材や反発力など、本来の目的である「自分にぴったりな寝心地の良いベッドを選ぶ」視点がないと後悔することになります。
収納量と寝心地の両立が、真に良い収納ベッドを選ぶコツです。

ベッドフレームの組み立ては結構な重労働

電動ドライバー

ベッドフレームは、どんな高級品でも基本的に組み立てが必要です。完成品のまま配送されることはほぼありません。フレームの組立設置を無料で行なってくれる販売店もありますが、通販サイトなどで販売している格安なベッドフレームは、商品の価格を抑えている分サービスも控えめになり、購入者が自分で組み立てて完成させることがほとんどです。
普段からDIYをしている方なら簡単に組み立てられますが、工作が苦手な方が収納ベッドの組み立てをすると時間がかかり、最悪の場合、部品を壊してせっかくの新品のベッドが台無しになる結末に……。
収納ベッドの組み立てに自信がない方は、DIYが得意な方が身近にいれば手伝いをお願いするか、組立設置の有料サービスを依頼することも検討しましょう。

マイナーな海外製ベッドは壊れやすいものも

日本製のタグ

安いものを選ぼうとすると、海外製の収納ベッドも視野に入ってきますが、名前も知らないマイナーなメーカーのベッドを購入すると、ねじ穴がずれているなど組み立ての段階から不良があったり、部材の耐久性が乏しく、日常的に使用しているだけで引き出しが歪んできたりと、壊れやすい製品に当たるリスクが高くなります。
そういったリスクを極力回避したいならば、品質に妥協せず、日本製の有名メーカーの収納ベッドを購入した方が無難です。

まとめ

ベッドルーム

今回は「収納ベッドのタイプとは?選び方まで教えます!」という内容でお送りしました。

単にものを収納したい、という考え方だけでなく、収納するのは「普段使いするもの」か「シーズン限定で頻繁に使いたいもの」か、また「収納量はどれくらい必要か」など、自宅の寝室環境によって選ぶべき収納ベッドが変わってきます。ぜひ自分に合った収納ベッドをこの記事を参考にして見つけてください。

「収納ベッドをきちんと選んだうえでコストも抑えたい」という方に朗報です。
全国の家具のセール情報サイト「Seiloo」には、良質な収納ベッドをお得に購入できるアウトレットセールについての情報が満載。
フランスベッドやASLEEP、シモンズなど有名メーカーの収納ベッドもお手ごろ価格で入手可能です。家具のセールイベントをチェック

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!