家具全般&ソファ&リビングのブログFUJI FURNITURE(冨士ファニチア)の魅力 

FUJI FURNITURE(冨士ファニチア)の魅力 

家具業界に飛び込んでまもないひよっこ社員Fです。

FUJI FURNITURE(冨士ファニチア)というメーカーの魅力をご紹介します。
ちなみに「富士ファニチア」ではなく、「冨士ファニチア(「冨」が違います)」です!
さらに「冨士ファニチャ」ではなく「冨士ファニチア(「チャ」はNG!)」です!
ここ後でテストに出ます。絶対覚えてください。

私、正直この業界に飛び込むまで、FUJI FURNITURE(冨士ファニチア)を知りませんでした(なんともお恥ずかしい……)
知った時こんなに素敵な家具を知らずに生きてきたのを後悔しました。
今日はFUJI FURNITURE(冨士ファニチア)の魅力を語ります。

とにかくスタイリッシュでおしゃれ

FUJI FURNITURE(冨士ファニチア) なだらかな曲線
この写真をご覧ください。一商品ですが、木のなだらかな曲線が大変キレイですね。
木というと無垢・一枚板なども素敵ですが、FUJI FURNITURE(冨士ファニチア)の加工技術は、
木からまた違った魅力を引き出します。
FUJI FURNITURE(冨士ファニチア)が40年研究し、切磋琢磨してきた技術の一つに、成型合板といわれる技術があります。
薄くカットした木を、板にして、幾重にも合わせて、成型合板を作るのに最適な熱量と圧力で合成します。
成型合板で作られた家具は、軽量で薄いのが特徴ですが、強度があります。
また、優美な曲線美は、繊細なデザインにあうため、FUJI FURNITURE(冨士ファニチア)の家具はどれをとっても美しいシルエットを築きます。

歴史が物語る熱意

創業は昭和34年(1959年)、徳島県の空気が澄んだ土地に本社と工場を構えています。
FUJI FURNITURE(冨士ファニチア)の大きな特徴「成型合板」の技術は、先代の社長が、北欧で行われた家具展示会で衝撃の出会いをしたところから始まります。
北欧家具の一見柔らかさすら感じる美しい曲線美に深く興味をもち、そこで「成型合板」という技術を知ることになります。
早速日本に持ち帰った先代の社長は、「成型合板」のスキルを我が物にするため、日々切磋琢磨し、とうとうFUJI FURNITURE(冨士ファニチア)独自といえる技術を生み出しました。
先代の社長の情熱が生み出した美しくも強い家具は今も多くのファンの心を虜にしつづけています。

FUJI FURNITURE(冨士ファニチア)の美しさを体感できるイベントを、多く開催しています。
お時間が許しましたらぜひ足をお運びください♪
現物を見ることができるのも嬉しいですが、その道のプロにすぐに相談できるので、
ネットで検索して2時間かかるような情報が、早いとその場で30秒で知ることができます。

FUJI FURNITURE(冨士ファニチア)を体感できるイベント情報を見に行く

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!