家具・インテリアのポータルサイト|ヘヤゴト(HEYAGOTO)介護ベッドと電動リクライニングベッドの違い 公開日:2018/01/21 最終更新日:2020/08/06

介護ベッドと電動リクライニングベッドの違い

高齢化が進む昨今、電動ベッドの需要が高まってきております。弊社の販売部門でも電動ベッドの売上が右肩上がり上がりです!

よくお客様から『介護ベッドと電動ベッドの違いって何?』と聞かれることが多いので私の拙い知識の範囲で書いてみます。

【目的】
■電動ベッド
リクライニング機能を持ったベッド。テレビを見たり、本を読んだり、リラックスしたり。基本はベッドとしての目的が強く、言い方を悪くすれば『贅沢なベッド』になります。

■介護ベッド
介護を目的としたベッド。介護する人の負担を軽減することが目的の為、基本はベッドの昇降機能がついていたり、要介護の方を抱き上げやすいようにベッドの幅も狭くなっています。

【サイズ】
■電動ベッド
シングルサイズは97㎝

■介護ベッド
シングルサイズは85㎝

【モーター数】
■電動ベッド
介護を目的としていないので、モーター数が選べます。
・1モーター=背上げ機能
・2モーター=背上げ機能+足上げ機能
・3モーター=背上げ機能+足上げ機能+昇降機能

■介護ベッド
基本3モーターがメインになります。

といったところが基本的な違いがあります。介護ベッドに関してはレンタルも行っており、要介護認定をされていれば月々2~3000円で、要介護認定されていなければ月々20000円程でレンタルが可能です。

要介護認定されていない方にとっては、電動ベッドがオススメということもあり、現在電動ベッドの需要も高まってきている様です。

では!

現在開催中注目のイベント・フェア

ピックアップ情報

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!