社長のつぶやきのブログ歴史的惨事 公開日:2011/03/12 最終更新日:2018/05/21

2011年3月11日 午後2時46分

自分は新宿にいました。

ゆらゆら~と揺れた後、その揺れは劣れずだんだん大きくなる・・。

すると今までとても経験したことのないほど、

立っていることさえ、難儀するくらいの揺れ。

都心というある意味の恐怖。

すぐに帰社することを考えたが、電車、地下鉄は当然動いていないと

想定し、タクシーをつかまえようとした。

ところが、まったくつかまらず。

とりあえず徒歩で、自宅方向に歩くことにした。

携帯ワンセグで状況を確認しながら歩いたものの、その地震の被害たるや

想像を絶するものだった。

帰宅途中に子供の保育園を通るので、ピックアップし、とりあえず自宅へ。

帰宅すると、家の中は本棚が倒れ、PCプリンターは横倒し・・。

とにかく会社にいかなきゃと思い、マイカーで向かった。

帰りのスタッフの足がないため、佐々木役員と手分けして、送迎。

しかし、しかし・・・・あんな渋滞も初めて。

日比谷で1時間半の立往生。

家についたのは、朝5時前であった。

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!