新築・リフォームのブログ新築で後悔したときぃーー!!

新築で後悔したときぃーー!!

新築……響きだけでどきどきしますね。
住宅ローンを組む方も多いかと思いますが、
支払いきった時、自分のお城をもつことになるわけです。

自分の城をもつというのはどういうことでしょうか?

少し話がずれますが、ぜひ皆様に確認したいことがあります。
皆様の元には、今まで支払った国民年金および厚生年金保険が、
年金として返ってくる額について教えてくれる
「ねんきん定期便」届いてますか?

私、新卒からまじめに働いてきて、幸いにも、
会社も、どんなに会社の状態が厳しい時でも
社員の給与・税金関係はちゃんと支払ってくださるようなところに務めていたので(ありがたや)、
厚生年金もしっかりと払い続けてきたわけです。

そんなわけで、期待大。
ぺぴり(「ねんきん定期便」を開ける音)

!!!!! OoO !!!!
賃貸でどこか家を借りてたとしたら、
家賃を払うのに精いっぱいなミジンコみたいな金額に、
衝撃をうけました。こいつは不安だ。

新築で自分の城を持つということは、
あるいみ、このミジンコのような金額も食費にあてることができて
(土地とかその他別の税で国にもってかれたりするでしょうが……)
毎月のでっかい出費がないので、なんとか生きていけるわけですね。

そんなわけで、ちょっと背伸びしてでも新築で自分の城を持つのはとても有意義なことですね。

しかし……!人によっては、人生をかけて買ったものが、
失敗作だったら…?

恐ろしい例をご紹介します。

■完成間近で後悔のあらし
奮発して購入した新築一件屋、建設途中でもわくわくしながら、
毎日足しげくかよってしまったり。
しばらくたって中に入り、見まわしてみる。
……あれ?……あれれ?図面通りなので、なんだろうこの違和感。
しかし走り出したものはもうとめられない。
見るたびに増す違和感。
この壁、超邪魔じゃね?!寝室せま!!
完成直前には憂鬱に支配されている状況です……

■〇〇の部屋作り忘れた!!
何度も見取り図をみて、これや!!と心決め発注。
基礎ができたところで気づいてしまった……
和室がない!(今更!でも、打ち合わせ段階でお花畑が頭にさいて、興奮から、意外な落とし穴がまってたりするものです)

悲鳴をあげたくなるような失敗ですね。
こういう失敗をしないように、
立てる前はプロによく相談した方がいいですね

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!