書斎のブログ大人な雰囲気が漂う「書斎」

大人な雰囲気が漂う「書斎」

書斎【しょさい】

読書・執筆などをするための部屋。
参照:Google検索結果

少し大人な雰囲気が漂う「書斎」
テレビやドラマでも渋いお父さんやお爺さんの部屋として登場しますよね。

そんな、「自分で作れる図書館」とも言える書斎はいつからあったのでしょうか。

書斎はいつからあった?

英語では「Study」「Library」「Den」「Home Office」などの語に「書斎」の訳があてられる。「図書室」「読書室」と訳されていることもある。15世紀の末に、ヨーロッパの貴族の住居に書斎の原型があらわれはじめた。16世紀には貴族の間で書斎を持つことが広がり、17世紀になると一般市民の住居にもライティング・テーブルなどが備えられるようになった。
参照:Wiki(ウィキペディア)

なるほど、もともとはヨーロッパの貴族から広まっていったのですね…
どおりで優雅な雰囲気があると思いました!

自分で作れる図書館「書斎」
あると休日を優雅に過ごせるかも?
それでは、また次回をお楽しみに!

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!