一枚板に一枚やられたぜ!(どっ)

一枚板に一枚やられたぜ!(どっ)

この会社に入って縁遠い、また知らなかったぜ!というものたちが、とても近くなってきました。
ものすごい勢いで育ち続けるガジュマル(会議室に生息)、
めったに姿を見ることができないクワガタ(会議室に生息)、
パンに深い愛をそそぎ続ける仲間、
まだ若いのにオヤジギャグが止まらない仲間、
おそらくバナナだろう(社長談)といわれている巨大な木が生えている謎のミニジャングル(窓の外)、
色々な経験を積んで大人になっていくのです。

さて、先日大型の家具屋さんに赴き、いろいろな家具を見させてもらいました。
数千万する桐たんす(ひぃっΣ(・ω・ノ)ノ!)
数千万するシャンデリア(はがっ( ゚Д゚))
数千万する……(0o0)白目

縁遠いと思っていたものと接触する機会がえられる人生、
イメージしてませんでしたよ!

その中でも、縁遠いとおもっていた家具、
「一枚板」!
色々と見させていただきました。
穴ぽっこがあいてる一枚板などもあり、お店の方に話しをきいてみたところ、
「一枚板のファンの方はこのような自然にできた傷やへこみなどを逆に楽しむんですよ。」
とのことで、なんとも奥が深いなぁと感嘆。

また、一枚板というと、大きなお屋敷が浮かびます。
頑固おやじが和装で一枚板の机の前に胡坐をかいています。
妻がそっと音もたてずにお茶を運ぶわけです。
一枚板の上におかれたお茶には茶柱がたっています。
「あらっ。あなたに、いいことがありますように」
茶柱をみた妻は優しく笑いながらいいました。
頑固おやじは
「ふん!」
と鼻をならして、一気にその茶柱inお茶を飲み干すわけです。

そんな感じに、とっても和なイメージがあったのですが、
ここ最近の一枚板は、そうともかぎらないのですね。
一枚板の机というと、太い切り株のような木を柱として、
その上に置かれているイメージでした。

しかし、金属製の素材と組み合わせて、
洋風なインテリアともいえる空気を醸し出しているものもありました。

そんなこんなで、そんな経験をすると、街中に出てみると見え方が変わってきます。
よく行くパン屋さんの入り口が、一枚板のドアになっていることに気づくことができたし、
お店などでみかけても穴ぽっこやキズがあれば、逆に楽しんでみたり……

ほら!実物見に行きたくなりましたね!?
全国の家具インテリアの、限られた人だけが参加できるイベントを紹介しているサイトをみたい方は、
下のバナーからどうぞ~♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加