この木なんて木。

この木なんて木。

こんにちは。
新緑の美しい季節になってまいりましたので、
今日は木や植物の話をしたいと思います。

前にテレビを見ていた際に
“ビールっ腹”という意味合いの名を持つ木が紹介されてました。
その名も「パラボラッチョ」。

響きも意味合いも素晴らしいですね。
底抜けた明るさと、可愛げがあります。
木の幹がしもぶくれていて、確かにせりだした腹のような風貌。
ベージュの腹巻でも巻きたくなります。

原産地は南米だそうです。さすがサンバの国、名づけにもユーモアがあるなぁと思いますが
日本にも変な名前を持つ植物はたくさんあるのですよ。
身近なところだと「ヘクソカズラ」とか。
小さな蔓植物で可愛らしい釣鐘型の花を咲かすのですが、実がにおうんですよね~。
私も子供のころ、通学路に生えてたので触ってみたりしましたが確かになんともいえぬ独特なにおい。
でもそのまんま名前にしちゃうことないのに。

ちなみに弊社販売部が行っている家具のイベントでは
ローズウッド(和名:紫檀)という木材を切り出した一枚板も販売しております。
この素敵な由来は、新鮮なものだとバラの様な香りを持つものがあることからだそうです。

先述のヘクソカズラさんとはえらい違いですね。
でもあんまりたいそうな名前を付けられるより、多少雑な名前の方が気楽かもしれません。

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加