お昼寝制度

お昼寝制度

こんにちは。ひよっこ社員Yです。

先日ニュースで見ましたが、日本人の約半数に不眠症の疑いがあるという調査結果があるそうです。

朝、すっきり起きられないというのには、ストレスや心配事、生活習慣だったり、いろいろな要因があるかもしれません。

そのような中、企業や学校で昼寝制度を導入し効果をあげているところがあるそうです。

昼食休憩後、業務時間中に15分間実施。その結果、ストレスが減ったり、午後に眠気を感じにくくなり、作業効率が改善したなど。学校の子ども達には、元気になった。午後の勉強をがんばれるようになったなどの声があったとか。

就学前の保育園児などは大抵お昼寝があります。眠れない子も時々いますが、しっかり寝た子は午後も元気いっぱい遊ぶことができます。

小学生になると体力もつくのでお昼寝の時間は必要なくなりましたが、少しの睡眠で頭も体もすっきりして午後の活動に取り組めるなど効果があるのならぜひ学校でも取り入れるべきですよね。

そして、大人も同じく午後の仕事の効率が良くなるのなら絶対取り入れるべきだと思いました。

このような睡眠の調査や昼寝を取り入れている寝具メーカーの西川リビングでは、社員の「健康」と「働き方」を考え、活動をすすめながら、オフィスや自宅のリビングでも気軽に昼寝ができる昼寝専用まくらも開発、発売しているそうです。仕事の効率をよくしながら、さらに商売へとつなげる発想は流石です!

私もお昼寝をして仕事の効率アップ!新しいアイデアを生み出しがんばります。

 

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加