storage 周辺機器も小物もすっきりまとまる!収納つきテレビボードのメリット

周辺機器もすっきりまとまる!収納つきテレビボードのメリット

あれもこれも収納したい!収納力抜群のテレビボード

収納スペースが足りない……。
生活していると気づかぬうちに物が増えてしまい、収納スペースに悩まされますよね。特にテレビ周りには、AV機器やゲーム機類、それらのリモコンにDVDなどのソフトなどが所狭しと並び、リビングの中でも一番ごちゃつきやすいポイントかもしれません。

そんなテレビ周りも、たとえ物は多少多くとも美しく収納さえできていれば、収納もインテリアの一部として一体感のある部屋に見せることが可能です。そこで今回はテレビや周辺機器類を整頓できる、収納付きテレビボードについて紹介していきたいと思います。

テレビボードとして販売されている商品の多くはテレビを置くためだけではなく、AV機器を置くためのラックやDVDなどを入れるための引き出しなどの収納を兼ねています。また、重いテレビを乗せるために丈夫で強度のある素材で作られ、AV機器の配線も困らないような構造になっています。

そんなテレビボード、購入する際は、何を基準に選んでいますか?

テレビの大きさとデザインだけでテレビボードを決めてしまうと、数年経ってから「もう少し収納を考えて選べばよかった」となってしまうことも。収納に優れたテレビボードはたくさん出回っており、中には壁一面の壁面テレビボードのように収納力抜群のタイプもありますので、ぜひ候補に入れてみてください。

 

テレビボードの収納スタイル

収納つきのテレビボードを選ぶ際はまず、「見せる収納」か「隠す収納」かを考える必要があります。

見せる収納タイプの場合、引き出しや扉のないラックにディスプレイを兼ねて収納することになりますので、使用頻度の高い物には便利な収納方法となりますし、小物をオシャレにディスプレイするなど部屋の装飾にもなります。扉がないためホコリの掃除が欠かせないことと、ただ置いただけでは乱雑な印象になってしまうのでセンスが問われるところがデメリットです。

反対に隠す収納は引き出しや扉がありますので、どこになにをしまったか把握して整理しておかないと必要なものを瞬時に取り出しにくく、またインテリア雑貨などを飾る場所は限られてしまいますが、お部屋をスッキリ見せるにはおすすめです。また、引き出しや扉があることでホコリを防ぐことができ、掃除の手間が省けるメリットがあります。

これらを踏まえた上で、他のインテリアと調和するようなデザインや色を決めましょう。

▼関連記事
狭い部屋でもインテリアを楽しむ上手な収納スペースの確保術

 

AV機器以外の収納スペースとしても有効活用しよう!

周辺機器もすっきりまとまる!収納つきテレビボードのメリット02

テレビボードは収納力が非常に高いものが多いため、AV機器やゲーム機などのテレビ周辺機器だけに限らず、リビングで使うさまざまなものを収納できます。

・文房具や裁縫道具
・雑誌や本
・体温計や薬
・書類や郵便物
・赤ちゃんのオムツや身支度グッズ
・外出時アイテムのハンカチ・ティッシュ

テレビ周りはいつも人が集う場所ですから、家族全員で使うもの、1日に何度も使う物などをしまう収納スペースとして、出し入れがしやすく使ったらすぐに片付けられるメリットも。しまいに行くのが億劫でついつい出しっぱなしになってしまうことが避けられ、部屋が片付かないなんてことも減ります。

いかがでしたか?テレビボードを収納スペースとして最大限に活用するなら壁面テレビボードが一番ですが、圧迫感があるほか模様替えや引っ越しには向いていません。ロータイプのシンプルなテレビボードは収納力には欠けますがすっきりと軽やかな印象で、上に飾り棚を置いてそこに収納できるもの以外は手放すなど生活習慣を見直すきっかけになるかもしれません。リビングのサイズや収納したい物の量だけでなく、目指すリビングのイメージや生活スタイルなども考慮してテレビボードを選んでみましょう。

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!