fashionable 部屋の広さを損なわずにオシャレ感を出すサイドテーブル

小さなサイドテーブルをソファと一緒に

ソファを置いただけでも素敵なリビングルームになりますが、なにかひとつ、モダンなテイストを付け加えてみたいと思うならサイドテーブルはいかがでしょう。シンプルなアイアンテーブル、ラタンテーブル、木工テーブル、樹脂素材のカラーテーブルなど、沢山の種類があるので、コーディネートの幅も広がります。

ただし、こあまり大きなテーブルを配置してしまうと圧迫感を出してしまうので、ソファのちょっとした飾り、程度の大きさにしたほうがお部屋の広さを損なわずにオシャレ感を出すことができます。このサイドテーブルにおいては、特段機能性を求めるものではなく、ちょっとした飾り的なイメージでチョイスするのがベスト!さりげないオシャレを演出するのもまた、インテリアコーディネートの上級テクニックです。

サイドテーブルとソファの色の組み合わせで印象は大きく変わる

空間の広がりを見せたいならソファと同系色のテーブルがおすすめ。
一体感をもたせることで目線の遮断がなく広さを感じさせます。キリっとしたシャープなアクセントが欲しいなら反対色を持ってきたり、原色などの強い色を置くといいかもしれません。たとえば、茶色のソファならグリーン系のカラーテーブルなどを置くとアクセントになります。このサイドテーブル、ソファで寛ぐ時のお茶とお菓子を用意する場所として、テーブルらしく使うことはもちろんですが、ちょっと視点を変えて花や観葉植物を飾るスペースにしたらいかがでしょう。植物はリビングに季節を運んでくれて心地よいもの。ぜひお部屋に取り入れたてみてください。また、写真や絵などを置いて「ミニギャラリー」にするのも面白いです。趣味の小物などもギャラリー風に展示してみると訪れた人との話題作りにもなって会話も弾むことでしょう。

なお、ソファとの組み合わせに際して、実際にソファに腰掛けた時の目線よりサイドテーブルの高さが上にな ってしまうと、機能的にはもちろん、少々圧迫感が出てしまいますので、店頭で選ぶ際にはソファに腰掛けた状態をイメージして商品を選ぶようにするのがコツです。

※掲載の商品は既に販売終了となっております。
あくまでインテリアコーディネートの参考としてご参照ください。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加