shirakawa_tv 飛騨の自然を感じるナチュラルテイスト「シラカワのテレビボード」


(画像元:株式会社シラカワ

飛騨の家具認定企業がリリースする高品質テレビボード

リビングを構成する家具においては、

・ソファ
・リビングテーブル
・テレビボード

が代表的なアイテムになりますが、ソファやテーブルはアイテム単体で検討することができる一方、テレビボードにおいては、お持ちのテレビサイズやコンセント・配線レイアウトなども考慮したうえで製品を選ばなければならないという性質があります。

その他にも、ゲーム機やブルーレイレコーダーなどの

周辺機器をどの程度配置するのか?

によってもテレビボードに求める機能が異なってきますので、一概にテレビボードのサイズやデザインだけで決めることができない特異性のある家具と言っても過言ではありません。

また、テレビを中心としたAV機器は、時代と共に進化が早いのも事実。
昨今普及している薄型テレビも年々大型化しつつあり、それに合わせてテレビの買い替えはもちろんのこと、それに合ったテレビボードの買い替えも必要になるケースも珍しくありません。

そこで今回ご紹介するのが、国産家具メーカーでも

最高品質を誇ることで知られる飛騨高山の家具メーカー「シラカワ」のテレビボード

をご紹介します。

上述のように、テレビボードにおいてはリビングを構成する存在感の大きな家具だけに、空間全体の雰囲気や色調を考える必要があることはもちろん、収納物の量などの機能性も考慮したうえで製品を選ばなければなりません。

テレビボードの選び方の基礎は、過去記事「▼お部屋のスタイルで選ぶおしゃれなテレビボードの選び方」でも取り上げておりますが、今回は大自然を感じさせる

木目の美しい「シラカワ」のテレビボードを取り入れたリビング
をご紹介していきますので、テレビボードの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。きっと国産家具はもちろん、飛騨の家具の良さを改めて知るきっかけになるでしょう。

 

ハイボードからコーナーボードまで豊富なバリエーション展開

飛騨の伝統的な家具メーカー「シラカワ」がリリースするテレビボードは、スタンダードなラインナップ製品から、システムオーダー品まで、さまざまなバリエーションが用意されています。

テレビボードを中心に、左右のサイドキャビネットから、テレビ上部に組み合わされる扉付き収納など、その組み合わせは部屋の広さやレイアウトによって多種多様。テレビボードラインナップも、

・ハイタイプ
・ミドルボード
・ローボード
・コーナーボード

といった具合に、部屋のレイアウトはもちろんのこと、テレビの視聴距離やどの位置でテレビを観るかによって、テレビボードの高さを選ぶことができます。もちろん、テレビボードも含めて家具の多くは、高さがあると圧迫感が出てしまう傾向にありますが、テレビボードにおいては

テレビを観る際の視線の高さが重要

となりますので、ソファに座った状態で見る高さなのか、ダイニングテーブルから見る高さなのか、用途に応じてテレビボードを選ぶ必要があります。

なお、シラカワがプロダクトするテレビにおいては、製品全てにおいて天然木で製造されており、部屋の色調やコーディネートによって

・ブラックチェリー
・ハードメープル
・ブラックウォルナット
・レッドオーク

上記4種の材質からチョイスすることが可能。
木のぬくもりや自然を感じさせるナチュラルスタイルのコーディネートとのマッチングが良いだけでなく、リビングを見渡した時の

木視率が高まることで安らぎやリラックス効果が得られる

というメリットも考慮したうえで商品を選ぶと良いでしょう。
ハイタイプなどは圧迫感が出てしまうというデメリットがある一方で、木に包まれた雰囲気を出せるというメリットもあるのです。

▼関連記事
ハイタイプ?ロータイプ?テレビボードの種類や素材の基礎知識

 

飛騨高山の家具職人による高い技術と細部へのこだわり

テレビボード選びにおいては、そのデザイン性や空間にマッチする配色といった見た目の部分のほか、移動のしやすさや配線の取り回しやすさといった機能性の部分もしっかりと確保しておく必要があります。

もちろん、シラカワのテレビボードも充実した機能性を持っており、各種AV機器のコード類を通す配線穴はもちろん、電源コンセントが内臓されている商品もラインナップされており、テレビボードの裏側には、必要以上に配線を伸ばさなくても

コード類がゴチャゴチャしない細かな工夫

がなされています。

自然を感じさせるナチュラル家具と、テレビなどの近代的な電子機器の融合は、意外と違和感を覚える部分かもしれませんが、

テレビのレイアウトやAV機器の収納

という実用性を考慮しつつ、どれだけナチュラルさを演出できるかがコーディネートのポイントとなってきます。リビングにおいては、ソファしかりリビングテーブルしかり、

一つひとつの家具でそれぞれの存在感が大きい

ので、チープ感が出てしまう家具より、しっかりと良質な家具を取り揃えたいところ。そういう観点からも、飛騨の自然を存分に感じることができるシラカワのテレビボードなら、リビング全体のナチュラル感を牽引してくれる存在になってくれるでしょう。

 

≪株式会社シラカワ「シラカワのTVボード」≫
http://www.shirakawa.co.jp/products/systemboard/tvboard.html

▼お近くのシラカワショールームを探す
 
▼「テレビボード・リビング収納」記事一覧に戻る
▼商品紹介一覧に戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!