tokushima-furniture 徳島家具

徳島県 徳島市徳島家具

徳島家具

四国の北東部にある徳島県徳島市で造られているのが、徳島家具。古くから、鏡台や唐木仏壇の産地として有名です。

徳島家具は、明治時代の初期に、阿波藩の船大工だった職人達が家具の製造を手掛けたのが始まりと言われています。これらの家具には、木地、杢張り、練りなどの高度な技術が随所に使われており、堅牢で重厚感があるのが特徴です。

かつて昭和天皇が購入されたこともある「阿波鏡台」は、船大工の伝統の職人技や、新しい技術を生かし、高級ブランド品として全国的に定着しました。現在は、静岡とともに、鏡台の二大産地に数えられています。

また、徳島家具の唐木仏壇は100年以上の伝統があり、黒檀、本欅、杉、槐などの高級な唐木を使用した仏壇には、落ち着いた風合いがあります。「徳島県伝統的特産品」にも認定されており、生産数は全国ナンバー1のシェアを誇っています。

現在の徳島家具は、下地に阿波和紙を使ったり、塗装にUV技術を取り入れるなど、新たな技術開発にもいち早く取り組み、家具の新たな可能性を常に追求し続けていく姿勢は話題になっています。また、デザイナーとのコラボレーション、コントラクト家具への進出にも積極的。昔から脈々と受け継がれてきた高度な技と、先端技術が見事に融合した徳島家具は、独自の発展を遂げています。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加