set_choose 4人用?6人用?家族構成で選ぶダイニングセットと購入前チェック

4人用?6人用?家族構成で選ぶダイニングセットと購入前チェック

ダイニングセットのサイズは一定ではない?

ダイニングセットを選ぶとなると“〇人掛け”の表記を参考にしますよね。ですが、ダイニングセットのテーブルのサイズは「1人用テーブルは何センチ」「2人用テーブルは何センチ」と決まっているような気がしますが一定ではなく、脚数を気にしていたら思ったより天板が狭くて食器が乗り切らなかったり、生活動線が狭いレイアウトになってしまったり…なんてこともあるんです。

そもそも、ダイニングテーブルとは食卓用テーブルを意味しますが、最近では勉強や仕事、趣味、家族のだんらんなど使用シーンは人それぞれです。そのため、サイズや用途によって自分スタイルのダイニングセットを選ぶ必要があります。

では、自分スタイルに合わせるには、どのようなダイニングセットを選べばよいのでしょうか? そこで今回は家族構成から選ぶサイズの選び方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

▼関連記事
理想のテーブルサイズとは?部屋の広さとレイアウトから考えよう

 

4人家族でもアイテムによっては6人用がベスト?

一般的に、1人あたり必要とするスペースは

幅60cm×奥行40cm

とされており、そのため4人家族であれば2人が横に並ぶため、先ほどの1人あたりのスペースを倍にすると、4人用テーブルで

幅120cm×奥行80cm

がベストと思われがちなのですが、ちょっぴり手狭に感じることも。ですが、実際に“幅120cm×奥行80cm”の大きさがベストなのは2人用ともいわれます。

実は一般的なテーブルの幅の大きさには3種類あります。
・120cm
・135~150cm
・170cm
(奥行は大抵80~90cmのものが一般的。)

120cm

4人用でも最もコンパクトなタイプです。
夫婦2人と小さなお子様1人にはちょうど良いかもしれませんが、お子様が大きくなるにつれて、だんだん手狭に感じてしまう大きさです。2人用として利用すると色々な用途に使えてよいかもしれません。

135~150cm

4人家族で少し余裕をもって使いたい方には一般的なサイズです。
食卓以外にもくつろぎ空間としての利用もできるので、広々と感じます。また、椅子ではなくソファやベンチタイプの椅子を選べば小さなお子様と横に並んで座って食事ができるため、6人用としても利用可能です。

170cm

誕生日席に椅子を置くことで、4~6人用として利用されています。
テーブルの真ん中にものを置いた時に手が届かない広さになりますが、ひとりひとり広々と利用でき、お子様のいるご家庭に最適です。

なお、家族構成で選ぶなら下記を参考にしてみてください。

・一人暮らしにおすすめのダイニングテーブルサイズ
1人分の必要なサイズは”幅60cm×奥行40cm”ですが、おすすめなのはそれより一回り大きい”幅70cm×奥行45cm”。この他にも”70cmの正方形”であれば、彼や彼女が訪れた時には向かい合って食事できます。

・夫婦2人におすすめのダイニングテーブルサイズ
最低限”幅60cm×奥行き80cm”が必要ですが、見た目のバランスが悪いため”80cmの正方形”がおすすめ。ワーキングスペースとしても活用するなら、4人でも使用できる”幅120cm×奥行き80cm”が便利。

・4人家族におすすめのダイニングテーブルサイズ
最低限”幅120cm×奥行き80cm”が必要。お子さまが成長した時には少し狭く感じることもあるので、”幅135cm×奥行き80cm”がおすすめ。来客が多いなら幅150cmあれば対応できます。

・5人、6人におすすめのダイニングテーブルサイズ
3人が並んで着座するには、最低限”幅180cm×奥行き80cm”が必要。短辺に1人座る場合には、幅150cmは欲しいところですね。広いお部屋でしたら、オーダーメイドでサイズ指定するのもおすすめ。

▼関連記事
ダイニングテーブルの基本規格とサイズの基礎知識

 

実際の食卓をイメージした天板サイズの決め方

4人用?6人用?家族構成で選ぶダイニングセットと購入前チェック2

次は実際の食卓をイメージしてみましょう。
家族4人で食卓を囲み、ランチョンマットの上にお皿が並び、家族団らんの時間。このとき、椅子を引いて座る・椅子の後ろを家族が通る・テーブルの上に食器を並べるなど、さまざまな動作があります。それらの動作に必要な距離を考えてみましょう。

・椅子を引いて座る:75cm
・椅子の後ろを家族が通る:60~90cm

※起点は椅子の背面として必要な距離

つまり、4人家族で幅150cm×奥行80cmの天板を選んだ場合、たとえばテーブル片方の幅は人が通らないとしても人が座るために75cmは必要であり、もう片方は通路になることを想定すると・・

幅は75cm+80cm+90cm=245cm

は最低でも必要となります。テレビやソファの置き場も考慮すると、おおよそ8畳以上の広さであれば狭く感じない空間ができあがります。このようなテーブル以外の人の移動の長さを考慮して、部屋の広さから天板サイズを決めていくと失敗しないサイズ選びが可能です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼関連記事
デザインより高さが重要?!失敗しないダイニングテーブル選びのコツ

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!