object インテリアコーディネートが映えるオシャレなオブジェ・置物特集

インテリアコーディネートが映えるオシャレなオブジェ・置物特集

ソファやテーブルはそろったし、カーテンもショップを探し回って好みのものを見つけられた。床にはラグを敷き、ほとんど完成したインテリア。きちんと片付いてる、だけど、何か決まらない、なんとなくオシャレじゃない。そんな時は、味付けが足りないのかもしれません。インテリアコーディネートを生かしてくれる雑貨を使ってオシャレな部屋を実現しましょう。

 

インテリアコーディネートを完成させてくれるオブジェや置物

オシャレなお部屋の写真を良く見ると、とあることに気がつきませんか?

オシャレな部屋は整理整頓されているというだけではないんですよね。本棚に本が全部しまわれているだけではなく、本棚の合間にフラワーベースやオシャレな置物が置いてあったり、テーブルやボードの上にアート作品が飾ってあったり、家具だけでなく、インテリアを引き立て、部屋の印象を決めるようなオブジェや置物が背馳されているんです。

これはたとえば、洋服のコーディネートなら、アクセサリーやバッグ、靴などの小物の部分。
同じワンピースでも、スニーカーでナチュラルで決まり過ぎない感覚を楽しむのか、ハイヒールでお呼ばれ感を出すのか、あえての男性的なブーツで辛口のかっこよさを出すのか、その他イヤリングやネックレス、合わせる小物で印象が変わってきます。

部屋にとっては、置物やオブジェは方向性を完成させる大事なアイテム。上手に使うことで、家具やインテリアを映えさせ、コーディネートが決まります。

このオシャレなオブジェ・置物特集では、スタイル別にオススメのオブジェや置物のセレクトの例を提案いたしますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ブルックリン・西海岸スタイル

アイアンや木材を使った家具で構成される、余計な飾りを省いた男前なインテリアのスタイルも、飾りつけがあるとぐっとそれらしくなります。単なる飾りではなく実用品もオブジェになるのがこのスタイルの魅力です。趣味に関連するもの、たとえば、自転車やスペアタイヤを飾ってみる、ウエイトやトレーニングマシンをかっこよく配置してみる、オシャレと実用性を兼ね備えたインテリアを目指していただきたいところです。

ブルックリンスタイル
ブルックリンスタイルといえばレンガですが、レンガは、オブジェとしてもお役立ちアイテムとしても使えます。本棚にさりげなく置いてブックエンドの代わりにしたり、ベッド脇のテーブルの代わりに積み上げて、板を載せた自前テーブルはいかがでしょうか。グリーンとの親和性も高いのですが、植木鉢ではなくブリキの缶などを利用してもそれっぽくなります。

西海岸スタイル
ブルックリンより色味が明るい西海岸スタイル。自転車はもちろんサーフボードやスケートボードなど普段親しんでいるスポーツのグッズをオブジェとして飾ってもいいですね。アートに親しんでいる方なら好きなアーティストの作品はもちろん、お気に入りの限定スニーカーやキャップも立派なオブジェに。

 

アンティーク・ヴィンテージ調

インテリアコーディネートが映えるオシャレなオブジェ・置物特集

世界観が大切なアンティークやヴィンテージのインテリアコーディネートを目指している部屋なら、置物や小物の役割は重要。小物によって、どういった世界観なのかが決まります。

ミッドセンチュリー
木の美しさや見かけだけではない上質な職人仕事が魅力のミッドセンチュリー。このコーディネートに欠かせないのが同じ時代に製造されたシルバーや茶器といった生活の小物たち。ティーセットやお気に入りのソーサーを棚に飾ることで、重厚なミッドセンチュリーの家具に丁度良い華やかさをもたらしてくれます。

ロココ調・アールヌーボー調
猫脚家具に代表される優雅でロマンチックな部屋は、家具をそろえるだけでは完成しません。花台の上には家具に負けないデコラティブなフラワーベースとお花、飾り棚にはクラシックドール、ボードの上には豪華な燭台、写真立て、そんなクラシックな小物を置くことでインテリアに統一感が生まれます。すべてアンティークで揃えるのは難しいと言う場合は、色味をそろえたアンティーク風のものを置いても良いでしょう。

シャビーシック
自分流に仕立てられるシャビーシックなアンティークを目指すなら、リーフやフラワーなどのモチーフにシャビーな塗りむらのあるペイントを施したオブジェを棚や窓際に置くことで一気に世界観が決まります。

ヴィンテージ
オシャレ感度の高い方に人気のヴィンテージのチェアやテーブル、そのまま置いているだけでは、知らない人にとっては「お父さんの時代のものかな?なつかしい感じ」などと捉えられてしまう場合も。ボードの上にヴィンテージ感あふれるオシャレな小物やオブジェを配置することでカフェ風になり「ヴィンテージのコーディネート」を決定付けることができます。

シンプル・モダン

快適で便利なモダンインテリアはシンプルだからこそ、オブジェや置物で個性を出すことができます。ご自分の目指しているインテリアのスタイルに合わせて置物やオブジェを選んでみてください。

シンプルモダン
無駄な装飾のないシンプルなのが一番、掃除もしやすいし、というインテリアは、オブジェとしても優れている円形や円筒形などの空気清浄機や、シンプルなフラワーベースはいかがでしょう。

和モダン
シンプルなインテリアは味付けで和モダンにもなってしまうんです。ナチュラルで明るい色味の部屋なら、和紙を使った灯りや、草木を思わせる蔓のオブジェなどで引き立ちます。また、ダークな色味なら赤や黒の物入れなど漆を想起させるオブジェがおすすめ。つや消しを上手に使うと品が増します。

和モダンの場合は、実家から拝借してきたものがインテリアを映えさせてくせてくれるかもしれません。からくり箱や古民芸の置物、日本人形や貝合わせなどの置物はもちろん、お抹茶を立てる茶道の道具も実用性のあるオブジェになりますよ。

ラグジュアリーモダン
ラグジュアリーな雰囲気を醸しだす重要なポイントはゆとり。棚にはギュウギュウにものをいれず、一つの仕切りには一つの小物を置くなどなるべく余白を取るようにします。

また、上質な小物を提案しているセレクトショップで、部屋のテイストに合うルームコロンやインセンスなどを見つけてきて来て配置するのもおすすめ。また、サイドテーブルなどに作家物の陶芸作品やガラス作品などをさりげなく置くのも良いでしょう。

アジアンモダン
アンダーな照明がはまるアジアンモダンなインテリアなら、光と影を利用したオブジェがおすすめ。ちょっとした棚や床に、日中はオブジェとして、夜は壁に影の模様が生まれる照明になるラタンやひょうたんのランプはどうですか?
また、フルーツや、ガネーシャやサラスヴァティなどの神様をモチーフにした置物もアジアンテイストを盛り上げてくれます。

ナチュラル&オーガニック
近年人気が高まっている、素材にこだわる自然志向のオーガニックなインテリア。自然の色である生成りやベージュ色が基調であることが多いインテリアには、空気清浄や脱臭効果のある竹炭で出来た置物や、蔓で出来たオブジェやドライフラワー、海がお好きな方であれば貝殻などもいいですね。部屋の中を快適に、自然の中のような空間にしてくれます。

いかがでしたか?
こちらに上げたのはほんの一例。置物やオブジェを上手に使ってお気に入りのインテリアコーディネートを完成させてみてくださいね!

 

▼関連記事
アートパネルを活用したアーティスティックなインテリア特集

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!