coordinate-asian まるで高級リゾートホテルのようなアジアンテイストのインテリア例

アジアンテイストのインテリア例1

南の島のリゾートホテル、高級感があっても緊張せずにリラックスできて最高ですよね。
自宅が高級リゾートホテルのようなインテリアだったら、癒されること間違いなし。実はアジアンテイストのリゾートホテル風インテリアは思いのほか気軽にトライできるんですよ。この記事では、アジアンテイストな高級リゾートホテルの部屋を気軽に目指せるヒントをご紹介します。

 

アジアンリゾート風インテリアの決め手となるのは?

高級リゾートホテルのようなアジアンテイストを演出するには、どの程度のアジアンテイストにしたいかで家具の素材が変わってきます。家具は買い替えずにアジアンテイストを演出したい場合、アジアン小物を置くだけで部屋の印象が変わりますよ。ここではアジアンテイスト・インテリアのポイントを紹介していきますね。

天然素材の家具

アジアンリゾート風のインテリアの要は、植物を編み込んだ素材や木彫りの家具です。ウォーターヒヤシンスのソファやチークのチェストなど、天然素材の家具を一つ配置するだけでグッとアジアンテイストが表現できます。の家具にしてみます。本棚や物入れは予算次第でダークな木目調のボックスでも充分です。
また、床には竹やい草のなど自然素材を使った涼しげなラグや、オリエンタルなモチーフのラグを敷くことで雰囲気を出すことができます。

アジアン雑貨

大物の家具やカーテン等が決まったら、収納ケースはパンダン(バリでよく使われているイグサに似た植物)やパームリディ(やしの葉の芯)を編んだもので揃えたり、木彫りの雑貨やお香を置いたりすることで、さらに雰囲気が出ます。

観葉植物

大きな観葉植物を配置するとぐっとアジアテイストが増してきます。おすすすめの観葉植物は、ある程度の明るさがあれば元気に育ってくれる大型のモンステラや、丈夫なシュロチクはひとつあるだけでも存在感たっぷりですよ。アレカヤシも南国気分を盛り上げてくれますね。大振りの葉が魅力的なオーガスタや日光が大好きなので窓際に置くのであれば良いでしょう。

エキゾチックな照明

また、照明の明るさを変えるだけでも印象が変わってきます。ポイントは暖色系の光を選ぶこと。シェードの素材をラタンやバンブーなどの天然素材にするだけで、今までとは違った印象の明かりになりますよ。木彫りの衝立の陰にスポットライトを置き、影絵を演出するなど、影を上手に使うとよいでしょう。フットライトにランタン型のランプを使うのもおすすめ。柔らかな光と影を使った灯りで、空間の広がりを出してみてください。

 

リラックスできる空間を演出するには布天井がおすすめ?

アジアンテイストのインテリア例2

空間の演出に、もうひとつ取り入れていただきたいのが、布を使ったテクニック。「▼アンティーク家具を使わずとも雰囲気が出せるアンティークコーデ」でもお伝えしていますが、壁紙や天井を替えることなく、部屋の雰囲気を一気に変えてくれるのが布なんです。

ベッドの上に蚊帳を吊るのもいいですし、備え付けの照明がアジアンテイストに合わない埋め込み式の場合は布天井がおすすめ。薄い布にドレープを作って天井に張ることでラグジュアリー感を味わうことができます。

この布天井、生成りやベージュなどの柔らかな色だと失敗が少ないのですが、アジアンテイストを目指すなら間接照明の灯りでムード満点になる深い赤やグリーンなどのダークな色がオススメ。布を使ったインテリアコーディネートは、安価に試すことができますし、壁を傷めにくいので、ぜひ取り入れていただきたいテクニックです。また、バリ・バティックやインド更紗といったアジアンな布をアート代わりに壁に飾るのも素敵です。

 

自宅を高級リゾートホテルのようなアジアンテイストにするためには、天然素材の家具を配置しなくても、小物や雑貨にアジアンテイストなものを取り入れ、照明にこだわるだけでも部屋の印象はガラリと変わりますので、ぜひトライしてみてくださいね。

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!