color_summer 配色と視覚効果で暑さを軽減!?夏向けリビングコーディネート

配色と視覚効果で暑さを軽減!?夏向けリビングコーディネート1

夏はやっぱり涼しく過ごしたい!夏向きのリビングの作り方

気温の高い暑い季節は、少しでも涼しく過ごしたいものですよね。エアコンで室内の温度を下げれば涼しく感じられますが、実は視覚からも体感温度が変わってくることをご存知でしょうか。

赤やオレンジなどの太陽や炎をイメージさせるものを目にすると、体感温度に2~3℃の変化があると言われています。今回は、色の効果をインテリアになぞらえて、暑い夏を快適に過ごすための夏向けリビングコーディネートをご紹介します。

大型の家具はそのままでも、秋冬に使っていたインテリア小物を夏向きのアイテムと入れ替えるだけで、暑さを軽減する夏のコーディネートができます。

カーテンやテーブルクロス、ラグなどを

・風通しのよさを感じさせる麻の素材や透ける素材
・触れた時の冷たさを感じさせてくれる竹やイ草などの天然素材

などの夏向きのものに変えるだけでぐっと涼しくなります!

次のコーナーでは、配色の効果を存分に使った涼しいリビングコーデについてお伝えします。

▼関連記事
家具・インテリアの配色を工夫して素敵な部屋を目指そう

 

配色で涼しさを演出するリビングコーディネート

さて、冒頭では配色によって体感温度が2~3℃違うという話をご紹介しました。具体的には暖色系・寒色系という色の違いによってその差があります。

《暖色系》
赤やオレンジ、黄色などの暖かみを感じる色のこと。炎や太陽など、熱を感じる色と思っておけばわかりやすいでしょう。

《寒色系》
暖色系に対して、青や水色、青緑などの色。氷や水、海など、冷やしてくれるものの色が寒色系です。

もちろん、色自体に実際の気温を下げる効果はありませんが、部屋のなかで面積が大きい壁紙の色が暖色系か寒色系かによって体感温度が2~3℃変わってくるのは事実のようです。これをインテリアに取り入れない手はありません。涼感を高める夏向きのインテリアを作るのであれば、

寒色系の青系統の色を上手に使うことがポイント

です。夏向きのカーテンやラグなどを選ぶときには、同じ素材でも暖色系の赤やオレンジではなく、寒色系の青やグリーンにしましょう。

青系統の色が好みではない場合や予算に限りがある場合には、カーテンやベッドカバー、テーブルクロスなど面積の大きいものは色味の少ない白やアイボリー、ベージュにして、クッションやランチョンマット、小さなラグに寒色系を取り入れるのもおすすめです。

過去記事「インテリアコーディネートに役立つ配色の基礎と色彩効果」では、インテリアの色彩効果について詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

視覚から涼しく!夏だからできるリビングインテリア

配色と視覚効果で暑さを軽減!?夏向けリビングコーディネート2

「涼しそう」という視覚に訴えるインテリアコーディネートもおすすめです。夏のレジャーで清流や滝に行くと、気温はそう変わっていないにもかかわらず、流れる水、透明感や清涼感を目にすることで、とても涼しい気分になりませんか?

夏の食卓にはガラスの器や青々とした竹の器、ときに本物の氷でできた器などを並べて、爽やかさや涼しさを楽しむ方も多いのではないでしょうか。

インテリアにおいても、ガラスの透き通った質感は涼しさを演出してくれます。さまざまなガラス製品がありますが、水の泡を思わせる水泡入りのガラスもおすすめ。琉球ガラスなどは、まさに暑い沖縄を涼しく過ごすためのアイテムかもしれませんね。インテリア雑貨でも素敵なものが見つかりますので、ぜひ取り入れてみましょう。

また、ガラスや陶器の器に水を張るというのも、涼しさの演出方法のひとつ。大きめのボウルや桶に水を張り、花や花びら、葉っぱ、フロートキャンドルを浮かべると涼しさ満点です。風鈴やシェルのチャイムなども、涼しさ満点の音と相まって涼しさを感じさせてくるでしょう。

《暑さを軽減する夏向けリビングの演出ポイント》

・透ける素材、触れるとひんやりしている素材
・青や薄い水色、グリーンなどの配色
・ガラスや水を使った演出

いかがでしたか。
インテアリに風通しのよい素材や、青や水色など寒色系のアイテムを取り入れることで、カンタンに夏向けのリビングコーディネートを楽しめます。ぜひお試しください。

▼関連記事
海や南国を感じるインテリアと秋冬コーディネート対策

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!