functional 生活スタイルに合わせて選べる機能的なリビングテーブル

リビングに必要な機能を考慮した機能的なリビングテーブル

デザイン・形状で選ぶか?機能性で選ぶか?

リビングテーブルは、ソファと合わせて購入を検討するアイテムのひとつ。
使用頻度を考えると「なんとなくあればいい」とお考えの方が多い一方で、多彩な形状、素材、高さやカラーもさまざまで、何を基準に選べば良いのか? とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
そんなリビングテーブルはデザインで選ぶか、機能で選ぶかの2つに大別できると思います。

デザインについては、ご自身がイメージするリビングのインテリアのテーマや配置するソファのテイストに合わせたりと、お好みで選ぶことができますが、機能を重視する場合は

・部屋の広さやレイアウト
・使用頻度や使用イメージ
・その他、求める機能

などの要素によって選ぶテーブルの基準が異なるため、実際に使用する場面をイメージし、絶対にゆずれないポイントと妥協しても良い部分などを購入前に整理しておくと良いでしょう。小さな子供がいるので角が丸いテーブルがいい、使わない時は収納できるタイプがいい・・・など、具体的な状況をイメージしてみると判断がしやすくなりますよ。

条件を満たし、かつデザインも気に入るテーブルを見つけ出すのはひと苦労かもしれませんが、使い勝手が良いうえにデザインも優れた家具は、飽きずに末永く使えるものです。ぜひ妥協せずにお気に入りの逸品と出会っていただきたいと思います。

今回の記事では、生活シーンに合わせて機能的に使えるリビングテーブル選びについてご紹介していきます。

 

意外と重宝される収納のあるリビングテーブル

機能的なリビングテーブル(ローテーブル)選びにおいては、実際の使用場面をイメージし、テーブルをどのように活用するかを想定しておく必要があります。

実際によく聞くお話としては、大きなローテーブルを購入したものの、テーブルの上に物が散乱してお部屋に生活感が漂うとか、ソファに腰掛けた状態だとテーブルに手が届かず、あまり使用していない、というパターン。
お部屋に広さがあれば大きなローテーブルを配置するのは素敵ですが、機能性の観点では生活スタイルに即していない場合もあるでしょう。

せっかく購入する家具だから、毎日便利に快適に使いたい! 機能性を重視される方におすすめなのは

・引き出し付き
・マガジンラック付き
・折りたたみ機能付き
・伸縮機能付き

など、収納できるテーブルや、サイズを変えられるテーブルです。

天板下に引き出しやマガジンラックが付いているテーブルは多く、リモコン類や本、眼鏡は言うまでもなく、お気に入りのカップと一緒に紅茶や珈琲をしまったりできます。
天板がガラス製なら引き出しをディスプレイ空間として活用してもよいでしょう。最近ではテーブルの脚部分が収納になっていて、本や雑誌を立ててしまえるマガジンラックとして活用できるものもあります。

折りたたみ機能があるリビングテーブルは、掃除の際など一時的な移動が便利というメリットもあります。まだ歩き始めて間もない小さなお子様がいるご家庭では、来客時以外普段はしまっておけるなど、意外と活用シーンは多そうです。

限られたスペースを効率よく使いたいという場合には、上記でご紹介した折りたたみ式のほか、必要な時だけ拡張できる伸縮機能付きのテーブルもおすすめ。友人・知人を招くことが多い方であれば重宝するでしょう。

▼関連記事
インテリアデザイナー顔負けのリビングコーデテクニック3選!

 

こんな機能も?!実用性の高いリビングテーブル

リビングに必要な機能を考慮した機能的なリビングテーブル2

これらのように、リビングテーブルも実際の生活に合わせた機能のあるタイプを選べるため、ご自身のライフスタイルにはどのような機能が必要で、反対にどのようなポイントなら妥協できるのか、この部分を事前に決めておくことが、失敗しないリビングテーブルの選び方のポイントと言えるでしょう。

他にも実用性の高い機能を備えたテーブルはたくさんあります。

例えば、ソファに合わせてテーブルの高さを調整できる昇降式のリビングテーブルも実用性の高い機能のひとつです。ソファの高さや着座した時の沈み込みを考慮して、最適なテーブルの高さに合わせることができるので、「ソファに座った状態で手が届かない」ということもある程度回避できますし、ソファの買い替えごとにリビングテーブルも買い替えなければならないということも避けられるでしょう。

それ以外にも、天板を開けると鏡などのドレッサー機能が付いたものや、こたつとして使用できるヒーター付きのリビングこたつなどが人気です。また、特殊な例を挙げますと、スピーカーや冷蔵庫がビルトインされたものや、猫好きにはたまらないキャットハウス付きリビングテーブルなどもあるようですので、実際の生活に照らして、自ご自身に必要な機能が盛り込まれたリビングテーブルを見つけ出すこともまた、インテリアコーディネートの楽しみのひとつかもしれません。

▼関連記事
リビングやダイニングなど部屋に応じた機能的なテーブルの選び方

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!