bed-size 寝室の大きさやサイズに合わせた正しいベッドの選び方

寝室の大きさやサイズに合わせた正しいベッドの選び方

ベッドを買う時に気をつけなければいけないのは寝心地やデザインが好みに合うかどうかということだけではありません。実際の寝室に入れることを考えて部屋の大きさや形などサイズに合ったものを選ぶことが大事。

 

まずは部屋とベッドのサイズをしっかり頭に入れましょう

ベッドのサイズ

セミシングル(80cm)
シングル(97cm)
セミダブル(120cm)
ダブル(140cm)
クイーン(160cm)
キング(180cm)

様々なサイズがありますが、縦幅は共通して195cm。つまり、どんなに小さなベッドでも200cmのものが置ける長辺の部屋が必要ということです。

寝た時のサイズ感

セミシングル(子供、もしくは小柄な女性なら大丈夫)
シングル(普通の体格の男性まで大丈夫)
セミダブル(急場なら2人で寝ることも可能)

部屋の大きさと入るベッド

3畳~(セミシングル・シングル)
4.5畳~(セミダブル・ダブル)
6畳~(クイーン)
8畳~(キング)

ベッドは小さくてもかなり場所をとるものですが、ここで見落とされがちなのが、そのサイズのベッドが入る大きさの部屋かどうかはもちろん、部屋の形も重要なんです。

 

部屋の形と造りで置けるベッド、置く場所が変わってくる!

寝室の大きさやサイズに合わせた正しいベッドの選び方

窓やクローゼットの位置はどこにありますか?サイズの小さな部屋で大きなベッドを置くことで窓をふさいでしまうようだと、窓の開け閉めやガラスの掃除がしにくくなってしまいます。ベッドの上に乗って窓の開け閉めをするから大丈夫、というのはあまりおすすめできません。寝ることを前提に作られたマットレスの上を日常的に歩いてしまうと特定のコイルがへたってしまう可能性が……。ベッドを置く向きを考えるか、ベッドのサイズを下げることを検討したほうが無難です。

また、シーツやベッドパットを替えたりする時に作業しやすいかどうかも大切。できればベッドの両サイドはスペースが空いている状態が望ましいので、ベッドは真ん中に置き、脇はスタンドやサイドテーブルを置くのがおすすめ。難しい場合は、壁に寄せたベッドと壁の隙間に手が入るよう、壁から10センチは離しておきましょう。

また、ベッドボードのあるなしでも置けるかどうか変わってきます。立派なベッドボードはオシャレですが、ベッドボードなしのベッドなら窓側に頭の位置を持ってくることも。

エアコンの位置を考慮する必要もあります。吹き出し口が対角線上にあると寝ている間頭部に直接風が来ることになり乾燥が激しくなってしまいます。できれば、吹き出し口は横にくるよう配置できるサイズのベッドがよいでしょう。

ベッドは大きな買い物。買ってしまってからうっかりしたことにならないよう、慎重に選んでいただきたいものです。過去記事「ベッドのアウトレットセールにおけるチェックポイントと注意点」もよかったら参考にしてくださいね。

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!