curtain_introduction 様々なカーテンの種類のご紹介

今話題の低反発フォームを惜しみなく使ったマットレス!

お部屋のインテリアでも比較的身近な存在であるカーテンは、その存在こそ控えめではあるものの、カーテン自体はないと非常に困るものであり、インテリアの中でも不思議な存在であります。カーテンの種類やデザインまでこだわる方は然程多くないかもしれませんが、前項カーテンの正しい採寸方法から装飾まででもご紹介したように、カーテン一つで部屋の雰囲気もガラッと変わりますので、インテリアコーディネートの上級編としてカーテンの種類やデザインなどにもこだわってみると良いかもしれません。

このページでは、そのカーテンの多彩にある種類や特徴についてご紹介いたします。カーテンのみならず、ブラインドやシェードなど、お部屋の用途や雰囲気によって組み合わせは自由自在なので、種類豊富な選び方が出来ることでしょう。

ヒダカーテン

一般的なカーテンで、厚手の生地のカーテンで、ドレープ状になっているもので 左右片開きや両開きなどの開閉が基本です。 裏にレースカーテンなどを合わせて二枚重ねにして使用したりします。 “ドレープ”…つまりカーテンのヒダですが、ヒダの付け方も種類があり、 カーテン上部にヒダをつけるための加工がされているもの、カーテン上部に 「ハトメ」(レールを通す穴)を付けて、開閉の際の自然なドレープのみのもの、 またハトメカーテンと同じようにカーテン上部にレールを通すタブが付けられているもの などの種類があります。

フラットカーテン

ヒダカーテンと同じようにレースと二枚組みにして使用することが 多いカーテンで、こちらはドレープが無くフラ ット(平面)なのが特徴です。 左右片開きや両開きなどの開閉が基本です。 ヒダカーテンと同じように「ハトメ」や「タブ」などの付け方があります。

ブラインド

細い羽板を何枚も重ねたタイプのもので上下開閉が基本です。 サイドに付いている紐を引っ張ることで ブラインドの上げ下げが出来ます。「カーテン」の分類には分けられず、 ブラインドは「ブラインド」と別種なのですが、窓幕ということで一区切りにしました。ブラインドは採光の調節が付きやすく、また羽の角度も調節が出来るので、太陽の 高さなどに合わせることが出来るのが魅力の一つです。 主流品はアルミかプラスチ ック製ですが、最近は布製や木製のブラインドも流行です。

縦型ブラインド

日本ではあまり知られていない縦型ブラインドで、左右片開き開閉が基本です。普通のブラインドとは異なり、布製の物が多く、全て締め切っている状態でも うっすらと光を通し、採光の調節も簡単です。
ただし、布のブラインドは汚れると掃除がしにくいことと、 羽と羽の下を紐で繋げているので、こんがらがりやすいことが難点で 特にペットなどを飼っている家ではいたずらされやすいというデメリットがあります。また、通常の横型ブラインドにくらべ窓の開け閉めがしにくく、基本的に開閉のできない大型窓などに取り付けるのが適しているかもしれません。

ロールスクリーン

ブラインドの次に注目を浴びているカーテンで、上下開閉が基本です。 しっかりとした作りで、それでもって締め切っていても光を 取り込んでくれるので透明感があり、お部屋が明るい印象になります。 プリーツスクリーンと言って、フラット(平面)ではなく 表面がぎざぎざに折れ曲がってプリーツ状になってるものもあり、非常にお洒落です。 下についている紐を一回ひっぱると自動でスーッと上にあがっていくのが なんとも快適。乱暴に開けたり締めたりしすぎているとロールが弱まって あがりにくくなるので注意。また、ロール部分に埃が溜まりやすいので、こまめなお手入れが必要です。

シェード

上に開くカーテンと言えば分かりやすいでしょうか、上下開閉が基本のカーテンで、横についている紐を引っ張ることで下から布が持ち上がり、折りたたまれていくタイプです。 舞台などに幕があがっていくようなイメージです。 シェードの開閉タイプは実に様々であり、一般的なシェード「プレーンシェード」と、 「シャープシェ ード」「バルーンシェード」「ダブルシェード」「オリエンタルシェード」 などが知られています。 印象もさまざまで、フラットでシンプルなタイプもあれば、非常にゴージャスなものまで 基本的に上に向かって上がるカーテンを総称して「シェード」といいます。

シャープシェード
折れ曲がる際に折れ目がはっきりと付いていて、 折れ線山線に沿って折りたたまれる…という感じです。

バルーンシェード
縦に何箇所か引っ張られるれるようにして、中間部分が 弛むようにして上に上がっていくタイプです。

ダブルシェード
下地との 2 枚重ねのタイプです。

オリエンタルシェード
バルーンシェードと少し似ていますが、バルーンシェードは カーテンの下の裾から引っ張られるようにあがるのに対して、オリエンタルシェードは、引っ張られるラインが上から下まで続いているため、弛みのしわが全体に響くタイプです。

他にもいろいろな種類のシェードがあるので興味があったら調べてみてください。

アコーデオンドアー
カーテンとは少し違いますが、布製の仕切りが開閉時にアコーディオンの様にギザギザに折れ曲がるタイプのドアを指します。 古いの家などのダイニングによくあるのを見たことはないでしょうか? 布にビニール加工がされていたり、取っ手がプラスチック製のものが一般的で、ピッタリ閉まるよう、柱に固定用のマグネットなどを取り付けて使います。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加