asahikawa-furniture 旭川家具

北海道 旭川市周辺旭川家具

旭川家具

日本の著名な家具産地の中でも、洗練されたデザインがとても印象的な旭川家具。現在、北海道の旭川市、東川町、東神楽町を中心に100社以上の家具メーカーがあります。

北海道の中央部にあり、交通の要衝や物流の拠点だった旭川は、明治時代に軍都として栄え、陸軍の軍人や鉄道マンが多く住んでいました。彼らによる洋風家具の需要が増えると、木工職人が全国各地から集まるようになり、工芸品や家具の製造が盛んになっていったのが、旭川家具の始まりと言われています。

旭川家具の特長は、豊富な森林資源から採れる良質な木材と、デザイン性の高さ。2017年6月にリニューアルオープンした「旭川デザインセンター」では、30社以上の旭川の家具メーカーが、新作や人気商品の展示や販売、家具のオーダーや修理も行っており、旭川家具のデザイン性の高さを間近で体感できます。

3年毎に開催している「国際家具デザインフェア旭川(IFDA)」では、世界の若手家具デザイナーの登龍門になっているデザインコンペティションや、旭川の家具メーカーによる新作発表などが行われ、家具を通じて新しいライフスタイルの提案や発信を続けています。

ドイツの「ケルン・メッセ」をはじめとした海外での見本市の出展にも積極的で、現地に販売拠点やショールームを設けているメーカーも。旭川家具の知名度や評価は世界的に高まっています。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加