asa_futon 清涼感とさわやかな肌触り京都西川の麻布団の特徴

自然な風合いと通気性や速乾性に優れた天然素材「麻」に注目!

暑い夏の夜の寝苦しさは、いつの時代も不快に感じるものですが、気温そのものの温暖化により十数年前と比較しても体感レベルでの不快感は年々増してきているのが実情で、夏の高い湿度も合わせて就寝中でもエアコンをつけっぱなしという方が増えてきているかもしれません。

そんななか、近年では様々な寝具メーカーから放熱効果の高い化学繊維を使ったクール商品が開発されており、家具や寝具の販売店では人気アイテムの1 つになっていますが、エアコンが苦手な方や化学繊維の布団が合わないといった方も多くいるのが現実。そんな方々のお悩みを解決するアイテムとして、日本で古くから暑さ対策として用いられている「麻」に注目が高まっているのはご存知でしょうか?

周知のとおり、麻は天然繊維の中でも最も涼しい繊維と言われ、放熱性に優れているため体温を外に放出してくれる働きがあります。また、天然素材である麻は汗や皮脂のニオイが付きにくい繊維と言われており、夏の暑い夜でも清涼感を保つのに最適です。日本に流通する麻製品は、リネン(亜麻)とラミー(苧麻)限られており、リネンの特徴としては、ラミーに比べて柔らかめの麻でソファのファブリックなどに用いられる一方、ラミーは硬めでシャリ感が強く、肌に密着しにくいことから寝具に使われやすい傾向にあります。

日本では古くから夏の寝具に麻が用いられてきましたが、独特に肌触りが苦手という方も多く、また洗濯によるシワや形崩れしやすいため扱いにくいのも事実。そうした観点からも敬遠されがちな側面もあります。

そこで注目したいのが、麻の掛け布団です。

麻素材の掛け布団や敷布団なら京都西川、と言っても過言ではないくらい多くのラインナップを取り揃えており、夏の快適寝具の定番アイテムとして定着してきております。

上述のとおり、麻製品は洗濯に気をつかうというのが共通認識ではありましたが、京都西川の麻布団のラインナップにはご自宅で丸洗い可能なウォッシャブル製品もありますので常に清涼感を保つことができます。麻は基本的に水分に強いため、洗濯することによって麻にダメージを受けたり、収縮したりすることはほとんどなく、通気性や速乾性などが低下することもほぼありません。商品に取り付けられている洗濯方法の表示に従うことが長持ちの秘訣です。

“さわやかな肌触り”を銘打つ京都西川の麻布団は、掛け布団のほかの敷きパッドなど様々な商品がラインナップされており、もちろん必要に応じてサイズ展開もございますので、この機会にぜひ”さわやかな肌触り”を体験してみては如何でしょうか?

■ 京都西川の関連情報

京都西川のセール情報はこちら

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加