persia_zanjan 伝統工芸の街サンジャーン・主要産地紹介

クムのコピー産地と言えど、高い技術力が期待される職人の街

ザンジャーンは、テヘランとタブリーズのちょうど中間に位置するザンジャーン州の州都です。
このあたり一体はクルド人の街が多く、ナイフの名産地として知られてきましたが、近年はシルク絨毯の産地として有名です。昔はハマダーン北部のハムセ地区でつくられた絨毯の集積地で、現在はシルク絨毯の人気が高いクムのコピー産地のひとつとして名が通るようになりました。マラーゲに比べて比較的緻密な織の物も見られ、クムの中級品として取り扱われることもあります。

上述のとおり、ザンジャーンでは新たなデザインの発信や技術の向上と言うよりかは、顧客からのニーズに応えるべく中級品のシルク絨毯の生産拠点として任意されつつあります。ザンジャーンで生産されるドーム・デザインの繊細な幾何学模様は、ザンジャーンの技術力の向上を示唆するものであり、今後さらなる技術の向上やシェア拡大が期待されます。

サンジャーン産のペルシャ絨毯デザイン紹介

ゴンバディ・デザイン Gonbad design

ドーム(ペルシャ語ではゴンバド)とは、丸屋根。
美しい装飾タイルで飾られたモスクの天井を下から見上げた構図となっているため、このように呼ばれます。
メダリオンから放射状に網目のような文様が広がっていく様子が、遠近法を用いて表現され、独特の意匠となっています。モスクがテーマになっていることからドーム・デザインや、モスク・デザインと呼ばれることもあります。

ペルシャ絨毯の主な産地のご紹介メニュー

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加