design_pictorial ピクトリアル・デザインのご紹介

ペルシャ絨毯のデザインの一つであるピクトリアル・デザイン。
ピクチャとも呼ばれ、古くからペルシャ絨毯の模様の一つとして多く生産されてきました。これまでご紹介してきたペルシャ絨毯のイメージからはだいぶかけ離れたデザインに戸惑う方も少なくないかもしれませんが、こうしたハンティングデザインは、イスファハン地方やケルマン地方で生産されるペルシャ絨毯には多く見られるスタンダードデザインで、その狩猟図や饗宴図などのデザインの周りをフレーム状に囲むパターンが基本です。

イスラム教の教えでは、絵や銅像などによる偶像崇拝は禁止されており、基本的に生き物は描いたりすることはできませんが、シーア派のイランでは許されているそうです。近年では、このピクトリアル・デザインも近代的になってきており、女性をモチーフにしたものや、花や鳥の楽園など、まさに美術品と言わんばかりの意匠を凝らしたものが人気となっています。

ピクトリアル・デザイン(タスヴィーリー)の魅力と特徴

絵画調のデザインを持つ絨毯です。カリグラフ ィーを扱ったり、様式化、抽象化されることの多いイスラム的装飾に対して、ペルシャには写本の挿し絵などの細密画(ミニアチュール)の伝統があります。

狩猟図や饗宴図など、古くから絨毯にミニアチュールを再現してきたその技術は、近年、西洋絵画の風景や動物、静物なども絨毯に仕上げるようになってきました。

その他のペルシャ絨毯・デザイン紹介

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加