bed 新婚夫婦のベッド購入金額【虎の巻】

新婚・新居の家具購入は予算をしっかりと決めておきましょう!

新婚夫婦が新居を構えるにあたって、当然のことながら色々な家具やインテリアグッズを揃えることとなります。ご両親が結婚祝いとしてプレゼントしてくれるのであれば、遠慮なく良質な製品をおねだりすると良いと思いますが、ご夫婦の貯金から限られた予算内で全ての家具を揃えるとなると、それなりに妥協しなければならない部分も多く、あまりぜいたくはできないというのが実情かもしれません。奥様は急に現実的な主婦となり、お財布の紐も堅くなる傾向にありますが、家具購入については概ね全体の予算を決めているケ ースが多く、そのなかでかしこく配分しているご夫婦が多いようです。

実際にベッドの購入代金は全体予算の何パーセントまでが望ましい?

そんな中でもベッドの購入については、どの程度の予算を割り当てているか!?は非常に気になるところで、「だいたいみんなどのくらいのベッドを購入しているんだろう?」と店員さんに直接聞かれるご夫婦も少なくありません。新聞やインターネットの広告をみると、59,800 円のダブルサイズベッドがど~んと●●●円!などと掲載されているものもあれば、同じダブルベッドでも数十万円という価格のものもあります。外観に大きな違いがないため、その価格差をイマイチ理解していないケースがほとんどかもしれませんが、せっかく結婚したんだから、もう少し良いベッドを買っておこう!と、10 万円前後くらいのベッドを購入される方が多い傾向にあるようです。

そんな葛藤をお助けするべく、統計結果を掲載してみました。(2002 年調査)
ダブルサイズやシングルサイズなどに関わらず、あくまでベッドの購入金額比率となります。

  • 5 万円未満 約 9 パーセント
  • 5~10 万円 約 20 パーセント
  • 10~15 万円 約 25 パーセント
  • 15~20 万円 約 18 パーセント
  • 20~25 万円 約 13 パーセント
  • 25~30 万円 約 6 パーセント
  • 30~35万円 約 4 パーセント
  • 35 万円以上 約 6 パーセント

平均単価で見ると、約 15 万円前後(税別)という調査結果です。

価格的には 10 万円~15 万円程度のベッドが一番、需要が高い結果となっています。
もちろん、金額自体は人それぞれで価値観も異なりますし、高い・安いの判断も人それぞれ水準が異なりますので一概に申し上げにくい部分ではありますが、10 万円前後くらいの製品が高過ぎず・安過ぎずという無難な水準であると言えます。やはり長く使うモノだから、良いモノを使いたいという方や、結婚の時くらい良いモノを買いたいという方が多い傾向にあるようで、マットレスの素材や機能性以上に、デザインや寸法などの実用面で、製品を選んでいるようです。

価格水準を決めずに何を求めるかで対価が決まる!?

人それぞれ考え方は異なりますが、仮に週に1度しか乗らない自動車を200 万円で購入するのと、毎日使うベッドを 30 万円で購入するのは、どちらが高い買い物になるかというと、むろん金額単体で見てしまうと自動車の方が高額ですが、200 万円の自動車となるとそれほど高額な部類には入らず、逆に 30 万円のベッドの方が高級そうに思えてしまうものです。さらには週に1度の使用頻度なのか、毎日使うものなのか、毎日頻繁に使うものであれば、常に心地よく使いたいと思うのが人情かとは思いますので、そういう観点で賢く良質なベッドをお探しになるのも良いでしょう。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加