wide_double_bedsize ワイドダブルベッドのベッドサイズと特徴について

二人のゴージャスなベッドタイムを演出するワイドダブルベッド

ワイドダブルベッドは、ダブルベッドとクィーンベッドの中間にあたるサイズのベッドで、メーカーによってはクィーン1サイズ(Q1)と表記される場合もあります。ベッド幅はメーカーにより多少異なりますが、おおむね1500mm~1600mm 前後となりますので、人ひとりの肩幅が 600mm だと仮定しても、二人で寝るには十分な広さが確保できます。ダブルベッドとの幅の差はわずか 100~150mm(10~15cm)程度ですが、数値以上に大きく感じられ、広々とした印象を受けるのが特徴。もちろん、このサイズくらいになると 6 畳のお部屋ではだいぶ狭さを感じるうえ、お部屋への搬入自体も困難になりますので、購入時には搬入間口の採寸等を忘れずに行っておくようにしましょう。

ダブルベッドでも十分二人で寝ることは可能ですが、寝返りやトイレなど、相手の動きが伝わりやすく、目が覚めてしまうことも少なくありません。これがワイドダブルサイズになると、ある程度の距離が保てるようになるため、お互いの動きに影響を受けることなくぐっすり休めるようになります。ダブルベッド以上の広さは欲しいけど、クィーンサイズやキングサイズを置けるスペースや部屋がないという場合には、ワイドダブルサイズを中心にお探しになると良いでしょう。

ワイドダブルベッドの一般的なサイズと特徴

【寸法】
・幅 1540mm×長さ 1950mm
※クイーンサイズベッドの寸法(参考):幅 1700mm×長さ 1950mm
※ベッドの高さについては、ベッドフレームの高さ+マットレスの高さになります。
※マットレスのサイズについては、マットレスのサイズ選びと比較・体験方法についてをご参照ください。

【特徴】
・二人で寝ても十分な広さが確保できる。
・寝具が 1 枚分で済むが、掛布団はクイーンサイズ以上がベスト。
・ダブルサイズから+10cm 程度でも体感レベルでの広さは別物。

【デメリット】
・サイズが大きいため、配置場所に制限を受けやすい。
・メジャーなサイズではないため、寝具の種類が少ない傾向。
・ダブルベッド以上に搬入、搬出が困難。

なお、寝具については、比較的ワイドダブル用という専用サイズが少ないため、特に掛け布団などはクィーンサイズ以上を購入するのが一般的です。ダブルの掛布団でも 1900mm 前後の幅はありますが、ダブルよりワンサイズ上のベッドサイズなので、クィーンサイズの掛け布団 2100mm が理想的です。なお、ワイドダブルサイズのベッドについては、メーカーによっては規定サイズがなく、クィーンサイズになる場合もありますので、詳しくはショールームなどの販売スタッフに相談するようにしましょう。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加