semisingle_bedsize セミシングルベッドのベッドサイズと特徴について

小さいなりのメリットを活かせるセミシングルベッド

1 人用のベッドを購入するときはシングルサイズを思い浮かべると思いますが、シングルサイズより、さらに幅の狭いサイズに「セミシングルベッド(スモールシングル)」があります。通常、セミシングルサイズのベッドは 2台並べてクイーンサイズとして使用されることが多いのですが、セミシングルは省スペースになるために部屋を広く使用したい場合、実家暮らしやワンルームマンションなどの部屋の広さが十分に確保できない場合、また小さなお子様や女性などの小柄な体格の方に最適です。

製造メーカーによって多少の違いはありますが、1人用ベッドとして使用されるシングルサイズは幅 97cm、それに比べてセミシングルは約 10-20cm 程度狭い幅 80-90 ㎝前後が一般的です。快適な眠りに必要なベッドの幅は体の幅プラス 30cm と言われておりますが、幅 80cm あれば小さなお子様や小柄な体格の方には寝返りを打っても十分な眠りを確保することができることでしょう。また、通常のベッドより約15cm 程度短い長さ 180cm のショート丈のベッドもあり、セミシングルのショート丈ベッドだとさらに省スペ ースのベッドになります。

上述のとおり、セミシングルは一般的に 2 台並べて 2 人でお休みになるような使い方が多いようです。

セミシングルベッド(SS)の一般的なサイズと特徴

【寸法】
・幅 850mm×長さ 1950mm
※シングルベッドの寸法(参考):幅 970mm×長さ 1950mm
※ベッドの高さについては、ベッドフレームの高さ+マットレスの高さになります。
※マットレスのサイズについては、マットレスのサイズ選びと比較・体験方法についてをご参照ください。

【特徴】
・セミシングルを 2 台横に並べるとクイーンサイズのベッドとほぼ同じ寸法になります
・セミシングルベッドは省スペースのため、部屋の広さや配置において自由度が高い。
・小さなお子様や一人暮らしの方にオススメ

【デメリット】
・大人の男性にとっては、幅がかなり狭く感じる。
・シングルサイズと比較して、ベッド本体や寝具の価格が高い傾向。
・寝具の種類がシングルサイズにくらべ少ない。

セミシングル以外でコンパクトなベッドをお探しの場合、ヘッドレスベッド(頭側にヘッドボードがないもの)や脚付きマットレスベッド(マッドレスにベッドの足がついたもの)、折りたたみ式ベッド、ソファベッドなども選択肢の一つとして検討することができます。お部屋のレイアウトに合わせ、コンパクトなベッドやマットレスを選ぶことができますが、折り畳み式ベッドや簡易的なベッドになるほど、寝心地に影響を及ぼしてきますので、快適な眠りを確保することも忘れずに、最適なベッド選びを心がけましょう。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加