queen_bedsize クイーンベッドのベッドサイズと特徴について

自宅で高級ホテルのような優雅な気分を味わえるクイーンベッド

クイーンと聞くだけで高級なイメージを想起させるクイーンベッドですが、その名の通りベッドサイズとしてはキングサイズに次ぐ大きさで、その大きさは幅約 170cm と圧巻の広さを誇ります。

170cm(1700mm)と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、シングルサイズ(幅 97cm x 長195cm)と比較しても約 1.5 倍以上の広さと考えると、相当大きなサイズだということがお分かりいただけると思います。高級ホテルのような優雅なベッドが、ご自宅にあると考えるだけで毎日の睡眠が楽しみになりますが、ベッドサイズが大きい分、それを収めるだけのお部屋とマットレスや寝具など、それなりに用意すべきものは多くなります。クイーンサイズのベッド購入を検討される際は、ベッドのデザインだけではなく、様々なチェックポイントを押さえておく必要があります。

まず、クイーンサイズのベッドともなりますと、親子三人、川の字で眠れるくらい大きな幅になります。ご夫婦2 人で寝る場合でも、相手の寝返りや動きが伝わりにくい広さがあり、さらに商品によってはマットレスを別々にすることも可能ですので、寝心地については申し分ないはずです。ダブルベッドでもお二人であれば十分なサイズですが、クイーンサイズはダブルよりさらに 30cm も広いベッドとなりますので、パッと見の印象は全く別物を考えた方が良いかもしれません。

クイーンベッドを購入するうえで一番重要なのが、やはりお部屋のスペースの問題です。寝室の中央に配置するケースが多いようですが、レイアウト的に壁側に寄せなければならないような状況ですと、ベッドの幅が大きいぶん、奥にお休みになる方がベッドから出にくい(寝ている方を跨がなければならない)というデメリットもあります。お部屋のレイアウトや配置す場所などをよく考慮したうえで、検討するようにしましょう。

クイーンベッド(Q)の一般的なサイズと特徴

【寸法】
・ 幅 1700mm × 長 さ 1950mm ( セミシングルサイズの 2 台分)
※キングベッドの寸法(参考):幅 1940mm×長さ 1950mm
※ベッドの高さについては、ベッドフレームの高さ+マットレスの高さになります。
※マットレスのサイズについては、マットレスのサイズ選びと比較・体験方法についてをご参照ください

【特徴】
・高級ホテルのベッドのような優雅さと圧巻の広さ。
・2 人で寝ても場所や掛布団の取り合いになりにくい。
・ご夫婦 2 人と小さなお子様の添い寝もできる十分な幅。

【デメリット】
・ベッドそのものが大きいため、寝室に以外には置きにくい。
・搬入搬出が非常に煩雑になる。
・マットレスや寝具の値段が高額。

あくまで一般論になりますが、クイーンサイズともなると少なくてもお部屋の広さは 8 畳以上は欲しいところ。間取りによっては、内開きのドアや折戸式のクローゼットが完全に開かなくなってしまうケースもありますので、その点も十分留意して、事前にしっかりと採寸しておく必要があります。

また、搬入の際には 2 階への折り返し階段でベッドが回らなかったり、部屋の扉が通らないといったことも考えられますので、購入前に搬入経路の確認をしておくに越したことはありません。家具の正しいサイズの測り方でもご紹介しているように、家具選びで失敗しないうえで、採寸は非常に重要となります。高級ホテルのような豪華なクイーンベッドを選ぶ際には、しっかりと上記のようなチェックポイントを確認しておくようにしましょう。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加