king_bedsize キングベッドのベッドサイズと特徴について

ベッドサイズのフラッグシップで最上級の睡眠を

ほぼ正方形の形となるキングサイズのベッドは、幅 1940mm×長さ 1950mm と圧倒的な広さを誇り、ベッドサイズの中では最上級、フラッグシップ的な位置付けとなります。クイーンサイズでも二人お休みになるには十分な広さを確保しておりますが、そのクイーンサイズよりさらに 25~30cm 程度広く、ちょうどシングルベッドを 2 台並べたサイズと同等の幅になります。寝室にご夫婦 2 台のシングルベッドを配置してお休みになられている方も多くいらっしゃいますので、キングサイズのベッドが大きさ的に特別な存在という訳ではありませんが、やはりベッド1台でこの幅があると非常に豪華に見えるのも現実。普段味わうことのできない寝心地を体験できるかもしれません。

幅 1940mm ともなりますと、それに合う寝具は非常に限られてきますが、近年ではシングルサイズに分割できるマットレスや掛け布団が多くラインナップされておりますので、すべて1枚もので揃える必要はありません。ちなみにキングサイズ用の1枚ものの掛け布団ともなると、横幅だけで 2300mm 以上にもなりますので、定期的に布団を干すだけでも一苦労・・・布団規格でも一番大きな「W」よりも大きなサイズとなりますので、寝具選びは多少選択肢が限られるかもしれません。

とは言え、ベッドでは最上級となるキングサイズで取る睡眠は、間違いなく格別なものになると思いますので、キングベッドを購入するうえで必要なチェックポイントを取り上げてみたいと思います。

キングサイズベッド(K)の一般的なサイズと特徴

【寸法】
幅幅 1940mm×長さ 1950mm
※クイーンベッドの寸法(参考):幅 1700mm×長さ 1950mm
※ベッドの高さについては、ベッドフレームの高さ+マットレスの高さになります。
※マットレスのサイズについては、マットレスのサイズ選びと比較・体験方法についてをご参照ください

【特徴】
・横幅が大きい分、ベッド全体が長方形ではなく正方形になる。
・シングルベッドを 2 台横に並べたサイズとほぼ同等
・ご夫婦+お子様一人でも十分川の字で寝ることができる。
・マットレスや寝具はシングル用を活用することができる

【デメリット】
・8 畳の部屋でもキングベッドを置くとほかの家具がほとんど置けない。
・搬入や搬出が非常に煩雑になる。
・キングサイズ専用の寝具が非常に限られる。
・布団を干したり、カバーを洗濯したりするのがたいへん。

将来を見据えて、臨機応変に変化できるキングベッド

各メーカーにもよりますが、キングサイズのベッドフレームには大きく分けて 3 つのパターンがラインナップされています。一つ目がベッドフレーム1つに対してマットレスも1枚、二つ目はベッドフレーム1つに対してマットレスが2枚、三つ目はベッドフレームが2つ、マットレスも2枚という組み合わせです。三つ目のバリエーションは、シングルにも分割できるタイプなので、シングルベッドに分類した方が相応しいかもしれませんが、ベッドは長きに渡り使うもの、購入時点では夫婦一緒にお休みになられていたとしても、将来のライフスタイルを見据えて、分割できるタイプを購入しておくのも一つの選択肢です。

また、マットレスを分割しておいた方が、相手の寝返り等に影響されずにグッスリお休みになれるという傾向もありますし、冬の寒い時期に掛け布団を相手に取られてしまう心配もありません。そうした点を踏まえ、より良いキングベッドおよび寝具を購入するようにしましょう。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加