selection-point 使用用途を優先としたドイツソファ選びのポイント

使用用途別で選ぶドイツソファコーデ

通常、インテリアデザインやコーディネートを考慮する際にテーマを決めるのはもちろんですが、ある程度使用用途も考慮しておく必要もあります。例えば、自宅には絶対人を招きたくないという人もいれば、定期的にお茶会を開催するような来客の多いケースもあるでしょう。特に女性は時間があれば、お茶しながら会話に花を咲かせたいというのが実情ではありますので、人を自宅に招く頻度も、また招かれる頻度も高いのではないかと思います。

そういう機会が多ければ多いほど、インテリアコ-ディネートに対するモチベーションは高くなり、人に良く見られたいというセンチメントも働きますので、みるみるコーディネートセンスにも磨きがかかってくるようになりますが、使用用途に応じて機能性も考慮しないと、少々居心地が悪い空間になってしまう恐れもありますので、その点を意識したインテリアコーディネートも必要です。

「くつろぎ」の捉え方や種類はいくつもある

一般的に「リラックス」や「くつろぎ」とは、なに気がねなく開放的で落ち着いている心理状態を指し、その状態へ誘う冒頭の写真のようなソファは、リラクゼーションアイテムとしてぜひリビングに欲しいところです。ただし、人を招き入れることが多いお住まいであれば、あまり深く沈み込んでしまうようなソファは、逆に長く座っていられなくなったり、テーブルに手が届かなかったリ、致し方なく浅く座ったりと、気を使うことが多くなります。一方、下の掲載写真のような高級ホテルのロビーやラウンジに置かれているようなソファであれば、いつまでも会話で盛り上がることができるくらい座り心地は良いでしょう。

下記写真のソファブランド「フィオーレ」は北欧ブランドではありますが、ドイツソファにおいても全てがリラクゼーションソファーということではなく、しっかりとお茶することができるようなソファも多数ありますので、ある程度使用用途を考慮したうえでコーディネートを行う必要があります。

ドイツソファにベストマッチするリビングアイテムとは?!

ドイツソファと言えど、その座り心地や機能性は様々で、コーディネートに対する考え方は方法も多岐に渡ります。デザイン志向のコーディネートの方法もあれば、機能志向のコーディネートもあり、限られた空間スペースでいかに理想のドイツ風インタリアに近づくことができるか?、試行錯誤を繰り返しながら楽しむ、それがインテリアコーディネートの醍醐味でもあります。

特にドイツ製ソファは、見た目の高級感と機能性、そして芸術性をも兼ね備え、様々な空間で多様な表情を見せます。ご自身が目指すインテリアのテイストと実際の使用感、そして他の家具との組み合わせによる相乗効果で、より格調高いヨーロッパ風の印象が強くなります。時には他人のアドバイスに耳を傾け、実際の使用感などを聞いてみて、次なる変化を与えることで、より洗練されたドイツスタイルが確立していくことでしょう。

※掲載の商品は既に販売終了となっております。
あくまでインテリアコーディネートの参考としてご参照ください。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加