japanese-style 和テイストのリビングテーブルで和洋スタイルコーデを実現

シンプルさを重視した和テイストをリビングテーブルに!

家族や仲間で集まる部屋、リビングルーム。
ソファを置くというのが定番となっていますが、そのソファに合わせるリビングテーブルに「和」のデザインを持ってくると斬新でありながら落ち着く空間ができあがります。和というのは無駄のないシンプルさが特徴ですが、かえってそれがモダンでオシャレに思えると、最近では人気を呼んでいます。

シンプルさゆえにどのような部屋でもマッチするので、あまりコーディネートに悩むことも少ないです。和風の家具といえば、木のぬくもりを生かしたものや直線的で簡素なデザイン。和の家具を使ったコーディネートは年配の方にも人気がありますが、最近では若い方にも共感を得ています。料理を見ても言えることですが、日本人は和洋折衷が得意。フローリングやカーテンのあるリビングに和のリビングテーブルを合わせると安らぎを感じるのと同時に、思いのほかスタイリッシュになることに気づくと思います。

和の住まいの特徴は床にそのまま「座る」ということです。
もともと座って使うためのものなので、和のリビングテーブルは低めのものが多くなっています。ですので、できればソファも背の高くないものを選ぶとテーブルと違和感なく配置できます。テーブルは木の質感を生かした長方形のテーブルなどがおすすめ。予算に余裕があれば一枚板のテーブルも重厚感があって素敵ですね。ソファに飾るクッションもカバーは和調にすると一体感が増します。

藍染や柿渋染めなど伝統的な手法で染めた生地や裂織のカバーもいいですね。少し華やかさを出したい時はテーブルの上に和の花器を使って季節の花を一輪挿しにして「侘び寂び」のような雰囲気を出すと日本ならではの削ぎ落とされたゆえの華やかさ、が演出できると思います。

※掲載の商品は既に販売終了となっております。
あくまでインテリアコーディネートの参考としてご参照ください。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加