無垢材家具と突板家具って何が違うの?

無垢材家具と突板家具って何が違うの?

家具を買うとき、何を重視しますか?

値段?デザイン?機能性?サイズ?重さ?素材?
では、「無垢材」と「突板」を基準にしたことはありますか?
無垢材家具と突板家具の違いを把握すると、家具を購入するときのひとつの目安になります。

それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

無垢材家具は「一枚板」、突板家具は「合板」

無垢材家具は、丸太から「一枚板」として製造された家具のこと。
突板家具は何枚かの木材を組み合わせた「合板」で製造された家具のことです。

突板家具の接着部分を見ると、薄いシートのような板が芯材の上に貼り付けられていることが分かります。その芯材となっている部分は比較的安価な値段で済む松や杉の木を使用するケースが多いです。

一方、無垢材家具は日本の場合、檜を使用するケースが多いです。

つまり、無垢材家具は樹齢の長い丸太から作った希少価値のあるもの、突板家具は比較的樹齢が短く、木材の種類にこだわらず作られた集成材の家具といって良いでしょう。

とはいえ、突板家具も見た目はウレタン樹脂塗装などを施して高級感ある仕上がりになっており、一見しただけでは突板家具とわからないものも多いです。例えば、無印良品の家具は突板家具が多いですが、オーク材を使用し、北欧風の家具として高い人気を集めています。

無垢材家具は「高耐久な一生モノ」、突板家具は「安価で軽い」

次に無垢材家具と突板家具のメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

無垢材家具のメリット

 木材の風合いを楽しむことができる
 経年変化に味わいがある
 強度がある
 一生モノの家具として使用できる

突板家具のメリット

〇 安価で購入できる
〇 軽くて持ち運びが便利
〇 綺麗な塗装だと見た目は無垢材家具と遜色ないものもある

無垢材家具のデメリット

✖ 重くて持ち運びが大変
✖ 高額
✖ 木材そのものを生かした家具なので反りの可能性がある
✖ 同じ特徴の代用品が見つかりにくい

突板家具のデメリット

✖ 重厚さ、風合いが物足りない
✖ 強度に不安がある(剥がれなど)
✖ 芯材と合板の間が腐食する可能性がある

 

インテリア一般的にフローリングやソファ、テーブルなど、比較的使用年月が長く強度が必要とされるものには無垢材が使用されています。無垢材を使用していないフローリングやソファは、将来的にリフォームや補修が必要になる可能性が高くなるので注意が必要です。

無垢材家具が欲しい人は販売会へGO!

家具のセールイベントをチェック無垢材家具は重厚感があり魅力的ですが、値段の高さがネックになります。
しかし、近頃は家具のセールイベントが全国各地で展開され、無垢材家具をお得に購入できる機会が増えています。

セールイベントに参加すれば、会場で実際に家具に触れられるので、手触りや風合い、色味、サイズ感、重さなど色んなことを体感できます。
会場に足を運んで、ご自身の目で確かめてみましょう!

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加