新婚夫婦のベッドは
シングル2台?それともダブル1台?

新婚夫婦のベッドは<br>シングル2台?それともダブル1台?

新婚生活のためにベッドを購入したい。そんなとき悩むのは、シングル2台か、ダブル1台かの選択ですよね。さらにクィーンサイズやキングサイズはどうなの?と迷われるご夫婦も多いと思います。
そんな新婚のご夫婦のために、ベッドの選びのポイントをご紹介します。

まずは寝室のレイアウトのチェックを

はじめにベッドを置く寝室のレイアウトをチェックしましょう。ベッド以外に置く予定の家具や、クローゼットやドアの扉の位置なども考えて、ベッドがきちんとレイアウトできるかを確認します。

一般的なベッドのサイズ

シングル  幅97×長195cm
ダブル   幅140×長195cm
クィーン  幅160×長195cm
キング   幅180×長195cm
* 寸法はマットレスサイズです。フレームは含まれません。
* メーカー、仕様によりサイズが異なる場合があります。

ベッドサイズ別のメリット・デメリット

次にサイズ別にメリット・デメリットを見ていきましょう。

シングル2台

:生活の時間帯が異なる夫婦でも、お互いの睡眠を妨げることが少ない
:どちらかが病気の時でも静養しやすい
:将来的に夫婦の寝室を分けるなどのレイアウト変更に対応しやすい
:夫婦がそれぞれ好みのマットレスを選べる
×:ダブルより広いスペースが必要

良いことばかりのようですが、夫婦はやっぱり一緒に寝たいというご夫婦の場合は、ちょっと寂しいかもしれません。新婚感もあまりないですよね。
そんなご夫婦には、ぴったりくっつけられるデザインのシングルベッドや、連結できるタイプのシングルベッドもあります。

ダブル

:夫婦で一緒に寝られる
:ベッドを置くスペースが小さくて済む
×:寝返りなどの振動が伝わり睡眠の質が低下しやすい
×:どちらかが病気の時は静養しにくい
×:寝室を分けるなどの将来的なレイアウト変更に対応できない
×:1人あたりの面積はシングルより約3割小さく、窮屈

ぴったり寄り添って眠りたいというご夫婦なら、やはりダブル。ダブルからシングル2台で別々に寝るようになることはあっても、その逆のルートを辿ることはまずないので、新婚のうちに楽しんでおくという意見もあります。

ダブルベッド

クィーンサイズ・キングサイズ

:ダブルより1人あたりのスペースがゆったりしている
×:マットレスが大きいので運搬が大変
×:寝具やカバーの品揃えが少ない

夫婦で一緒に寝たいけど窮屈なのは嫌。そんなご夫婦には、スペースや予算に余裕があればクィーンサイズやキングサイズという選択肢も。
ただし寸法が非常に大きいので、部屋によっては搬入できないこともあります。購入の際は、寝室のスペースはもちろん、ベッドを搬入する経路の寸法をしっかり確認しましょう。
また、メーカーによってはクィーンとキングそれぞれのちょうど半分の横幅のマットレスを取り扱っているところもあります。1台のベッドフレームに2つのマットレスを乗せて使用するスタイルは、寝返りなどの振動が相手に伝わりにくく、寸法が半分になるぶん、部屋への搬入のハードルもぐっと下がるのでおすすめです。

ベッドを賢くお得に手に入れたいならイベントへGO

家具のセールイベントをチェック新婚夫婦のベッドの選び方、いかがでしたか?
ベッドはなかなか買い替えることのできない大型家具。ぜひご夫婦でショールームや店舗に足を運んで、実際に寝心地やサイズ感などを確認してから購入しましょう。ベッドをお得に購入できるイベントをチェックしたい方は、日本地図をClick!

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加