良いベッドに買い替えた経験談

良いベッドに買い替えた経験談

私にとって眠りはかけがえのない行為である。眠りの哲学者Nは語る・・・

出だしはふざけてみましたが、本当に良い眠りは人生を変えると思っています。朝スッキリ起きた時の景色と、疲れが取れていない時の景色は雲泥の差で、駅までの道のりの足取りも違くなってきます。

貧乏生の私は安物のベッドを長年(15年くらい)使いこんでベコベコ状態のままずっと使っていました。今思えば当然なのですが、当時は朝起きた瞬間から体が疲れている・・・そんな状態を『最近仕事が忙しいからしょうがな

い』と半ばあきらめていました。※ベッドを買い替えてみようよいう発想はゼロでした。

引越しを機にせっかくだから長く使える良いベッドを買っちゃおうと、当時の私は体の為にという事ではなく単純に引越しということでテンションがあがっていたことでちょっとお高めのベッドの購入に至りました。

家具業界に身をおいているだけあってベッドの知識は人より多少あったので商品はほぼ決めていました。↓がそのベッドです。

フランスベッド社のCL-BAEシルキーDLXというマットレスです。細かなスペックはここでは割愛しますが、このベッドで寝た次の日から目覚め方が違う!!そう実感しました。

その日がたまたま目覚めが良かっただけなのか・・・翌日も快調な目覚めッ!!! 腰が痛くない!肩が痛くない!ダルさがない! ベッドの販売に携わっていながら初めてベッド選びの大切さを実感しました。

ここで勘違いしてほしくないのは、このマットレスをオススメしているわけではありません。誰にでも合うマットレスなど存在しません。このマットレスが私の体に合っていただけの話なので、人によってはこのマットレスを

使ったら逆に体に良くない場合もあります。体に合ったベッド選びをすることが大事であると眠りの哲学者は言いたいのである。

ではどうすれば自分の体に合ったベッドを見つけられるのか。それはもうプロに聞く、選んでもらうのが一番です。そんなプロがウジャウジャいるイベント情報は↓をクリック

【ここをクリックしてね】

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加