熟練の職人技が光る「冨士ファニチア」の家具

熟練の職人技が光る「冨士ファニチア」の家具

日本には有数の家具産地がありますが、今回は木製家具メーカー「冨士ファニチア」をご紹介します。
「ふじ」とついていますが、静岡県の家具メーカーではありません。
ちなみに漢字も「富士」ではなく「冨士」なので、お間違えのないように!

冨士ファニチアは1959年に徳島県で応接セットの専業メーカーとして創業しました。
「成型合板」の高い技術を持ち、無垢材では表現できない曲線的なデザインが特徴の美しいフォルムの家具が高い人気を誇っています。
成型合板とは、単板と呼ばれるうすい板に接着剤を付けて重ね、型に入れて熱を加えながら成形した加工木材のこと。
成型合板は軽くて丈夫で、複雑かつ繊細なデザインを表現できるのが最大の魅力です。

 

そんな冨士ファニチアの家具を実際に体感できるイベントが今週末の3/31-4/1、新宿の冨士ファニチアショールームで開催されます。日に日に暖かくなり、お出かけがますます楽しくなりつつあるこの週末に、ご家族やご友人を誘ってぜひご来場ください。

 

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加