家具インテリアの検定について

家具インテリアの検定について

春になり、御勉強でもしてみるかという季節になりました。

そんなときふと思ったのが「家具インテリアの資格・検定ってどのようなものがあるんだろう」と。

資格検定で真っ先に思い浮かぶのはインテリアコーディネータ資格。

ですが、他にもあるのか調べてみました。


◎インテリアコーディネーター資格

たぶん一番スタンダードな資格です。

住む人の要望を反映し、よりよい住空間を作るために、内装材や、家具、照明etcのインテリアの商品選定をしたり、配置などの提案を行うことがインテリアコーディネートです。その専門知識を問う試験となります。資格が無くてもできますが、信頼度は高くなりますね。


◎家具検定

家具の専門家を認定する資格。内容は家具に関する総合的な専門知識を有するための内容です。家具の材料や、構造、流通、法律など、家具に関する知識全部ですね。学科試験の他にも設計試験(家具の設計)があることが驚きです。


◎インテリアプランナー

住宅や店舗などの内装仕様を企画~設計・工事監理まで行う専門技術者です。空間を企画して、その空間ができるまで見守る方ですね。こちらはインテリアだけではなく建築全般も含まれます。


◎インテリア設計士

こちらはインテリアに関する計画・設計~生産・施工・監理技術になります。インテリアの素材や構造、インテリアの歴史、インテリアの品質に関する法令等があります。こちらも実技があり、設計図を書くだけではなく、計画・仕様書の作成まであります


こう調べてみるといろいろあるんですね。せっかく住生活の業界にいるので取得してみるのもいいですね。

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加