モノとミニマリスト

モノとミニマリスト

2015年刊行「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」というベストセラーがあります。
必要最低限の所有物で生活を送る『ミニマリスト』の話。
しょいこみ過ぎた荷物をひとつひとつ捨てていって
彼らが手に入れた生活はとても軽やか。

考え抜かれた所持品も紹介されてて、
本末転倒な気もするのですが物欲が刺激された品があります。

—————————————–
アイリスオーヤマ「エアリーマットレス」
布団とベッドの良いとこ取りをした様なマットレス

[メリット]
・畳めるので場所を取らない
・通気性の良い素材を使ってるため、干さなくて良い
・洗える
・畳んでシックな色の布でもかければソファー代わりに使える
—————————————–

素晴らしい!
私は布団派ですが、干すのはやはり面倒。
でも寝てる時って凄い汗をかくので、乾燥は必須。
エアリーマットレスはその手間が省けるんですね~。欲しい!

でも、ここで「欲しい」という気持ちのまま買っては駄目だそうです。
「持つ」=背負うものが増える。
掃除が大変になったり、部屋が狭くなったり、
手入れをしなくちゃというプレッシャーも生まれます。

そのアイテムを手に入れて、どれだけの無駄を捨てられ、
代わりにどんな豊かな時間が生まれるかを良く考えることが肝心!
モノとの付き合い方がよく考えて、心地良い生活を。

以上、自己啓発的な今日のヘヤゴトブログでした~

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加