ホテルで使われるベッド

ホテルで使われるベッド

何となく一人旅したいときありますよね。

まだまだ寒い都会の風がほほをなでる2月下旬。
あなたは、一人でふらっと旅にでかけました。
念願の一人旅、数時間電車にゆられて、
見慣れない自然の多い景色にたどりつきます。

日々の疲れが解放され、思わず笑みがこぼれるとともに、
あれ?ちょっと寂しいような………揺れる乙女心。

少しアンニュイな気持ちのまま、
ホテルにチェックインしたあなた。

ますますなんとなくさみしくなり
勢いよくベッドに顔をうずめます

ぼよよんぼよんよ

日常で感じたことのない、体を包み込むようなマットレスのやさしさに
少し笑顔がこぼれます。

こんなストーリーが浮かぶくらい、
ホテルのマットレスってとっても気持ちくないですか?

職業柄、一緒に旅する人がそばにいないときに、
ついつい、どこのメーカーなのかシーツをひんむいてみてしまいます。

少し、頑張って贅沢ホテルをしたときなんかは、
シモンズだったりして、テンション3倍です。

というわけで、
ホテルでよく採用されるマットレスを調べてみました。

まずは、なんといっても「Simmons(シモンズ)」ですよね。
シモンズが独自に開発した「ポケットコイルマットレス」が何よりの売りです。
多くのマットレスの中にはコイルといって、
いわゆるバネのようなものが入っており、弾力がでるのですが、
シモンズの場合は、コイルの一つ一つがしっかりしたつくりとなっており、
点となって、体のあちこちを支えるのです。
だから自然と寝ている間に正しい姿勢になり、
毎日をシモンズのマットレスですごせば、
気づけば姿勢美人なわけです。

次によく見かけるベッドが、「日本ベッド」ですね。
とっても和な名前ですが、まさに日本で90年の歴史がある日本ベッド、
日本ならではと感じますが、職人が一つ一つ丁寧な仕事をしています。
こちらもコイルの話ですが、やはり「ポケットコイル」で、
一つ一つのバネを丁寧に丁寧に包み込み、体を大切に支えてくれます。

取り合えず寝てみたくなりましたね?
気軽に触れてプロに相談できるイベントを紹介してます。
お気軽にご来場ください。

全国のベッドセール情報を見る

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加