ベッドの脚まわりについてチョロっと紹介

ベッドの脚まわりについてチョロっと紹介

寒い。毎日寒すぎる。

さて皆さん、ベッドフレームはどう選びます?

ベッドフレームの脚まわりは大きく3つのタイプに分類されていて、それぞれに特徴があります。
これからベッドを買おうかと検討される方へ、それぞれの良い点、悪い点を紹介したいと思います。

①ベーシックタイプ(べた置き)

【良い点】
ほこりがたまらない

【悪い点】
見た目がすっきりしない
デッドスペースになりがち

★ある程度の高さのあるベッドであれば、床板を外して下を収納スペースとすればデッドスペースの解消になるかも。

②ドロアータイプ(引き出し付き)

【良い点】
ほこりがたまらない
収納スペースを確保出来る

【悪い点】
見た目がすっきりしない
引き出しを開ける分のスペースを確保

★シングルサイズの場合、半分が引き出し、半分が床板になるタイプがほとんどです。
なので、ベーシックタイプ同様、床板部分を外せばもう片方も収納スぺースとして活用出来るかも。

③レッグタイプ(脚付き)

【良い点】
見た目がすっきり

【悪い点】
ほこりがたまるので掃除が面倒くさい

★レッグタイプの天敵はほこり。ひたすらほこり。
お掃除ロボットの〇ンバみたいなもので、下の空間の掃除をしてみるのも手かも。
※高さに要注意ですが。

それぞれ、良い点、悪い点があるので自分にあったベッドフレーム選びをしてみて下さい!
この3タイプの他にもう一個『跳ね上げタイプ』もあるのですが、それはまた後日にでも書きたいと思いまーす。

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加