いつか書斎のある家に。

いつか書斎のある家に。

こんにちは。

ブログに書くことが全く思いつきません。
とりあえず食べたい物の話でもしようかと(誰得)、
肉まんと打とうしたら「憎まん」と変換され動揺しました。

確かにここ数日忙しく、人につんけんどんな対応をしたことがあったような。耳が痛いわぁ。
キーボードさん、私を叱ってくれてるの…?

そうそう、今朝録画していた「ネコメンタリー 猫も杓子も」という番組を見ていました。
作家とその愛猫の日々、といった様なドキュメンタリーで
今回(1話完結)の作家さんは脳外科医でもある養老孟司さんでした。
自然あふれる鎌倉の家で、日向ぼっこをする養老さんと猫のマルさんはとても穏やかで癒される番組なのですが
何といっても目が行ったのはその書斎でした。壁一面の作り付けの本棚に文庫から図鑑まで本がぎっしり。
更に机の上にも乱雑に本が積みあがっているんですね~。

理・想!
書斎と庭のある家に住めるように頑張りたいと思います。

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加